WORDS


1 :あかり :2008/06/27(金) 18:03:04 ID:n3oJmkVF

立ち寄ってくださった方々へ:

感想または詩を書いてくださると嬉しいです。
詩に関しては、特に指定のジャンルみたいのはないので、
テキトーに思ったことを書いてください♪

私も別に詩の知識とかはさっぱりないのですが、
つらつらと書いていくので時々読みに来て下さい。


2 :あかり :2008/06/27(金) 18:13:54 ID:n3oJmkVF

trap?...no, protection

やさしさ とか 思いやり とか
そんなもので私を縛らないでよ

「鳥は自由」 なんでそう思うの
飛べるから? なんて愚かなの

感じて 地の感触 貴方は自由よ
縛られてるんじゃない 守られてるのよ
どこにでもいける とか
なんでもできる とか
それが自由だと思ってるの?
「自由は欲しい」 もう持ってるじゃない
「縛られたくない」 大丈夫だから

感じて 蒼色の空 貴方は守られてる
鳥だって空の下 包まれてるのよ

you're free 
already free
don't you think you're trapped
you are protected 
above the ground, under the sky

don't you think that's a great place to be?


3 :あかり :2008/06/27(金) 18:19:01 ID:n3oJmkVF

think about today

50年後
100年後は
どうなってる?

明日はどうなる?

そんな不安愚かでしょう
今日も100点満点で生きられない人々が
どうして明日のコト考えるの?
今日がよければ 明日もいいのよ

明日の点数10点上げるより
今日の点数1点上げて
one point, one point up
not tomorrow, yes today

「今をタイセツに」キレイゴトだと思ってる貴方
キレイゴト わざわざ言う時代かしら?

今日を大事にして悪い明日がくるはずないから
イマを大事にして悪いミライがくるはずないから

today, yes, today.
think about today 
then tomorrow will come

昨日の罪は今日の善で洗い流して
そうすれば明日はキレイだから


4 :あかり :2008/06/27(金) 18:22:33 ID:n3oJmkVF

ゆめ

ゆめを見るだけで
まず一歩前進


5 :あかり :2008/06/27(金) 18:24:57 ID:n3oJmkVF

findout

「知らない」
「知りたい」
「知りたくない」

好奇心旺盛なのに
臆病なのね

一歩前進するのが
楽しくて仕方が無い
怖くて仕方が無い

夢とか 恋とか
自分の中で進むかどうか決めなきゃ
後悔のないように

心が雨でも
太陽のような笑顔で

この世界知り尽くしてみて


6 :あかり :2008/06/27(金) 19:00:48 ID:n3oJmkVF

コトバ

ね、気付いてた?
貴方のコトバって魔法なの
私を嬉しくさせたり
  悲しくさせたり・・・
おかげで貴方といるときの私
大忙しなの

貴方もそう思ってくれてるかな
思ってくれてるといいな
こんな気持ちは初めてだから

貴方を想いながら胸に手をあてると
トクン・トクンがトントントンって
少しだけ速まるの
気のせいじゃないよね

明日は貴方、なんて言ってくれるのかな
明後日はなんていってくれるのかなぁ
どんなコトバをかけてくれるのかな

褒めコトバだといいな


7 :あかり :2008/06/27(金) 19:04:58 ID:n3oJmkVF

作り笑い?

疲れちゃったのかも
日々に 人に 自分に
別に仮面被ってるワケじゃないの
心は許してる

ただ ただ

嫌われたくないから いい子でいたの
いい子でいたいの

貴方好みのサラサラストレートでも
美人系の顔立ちでも
ないけど
女の子の笑顔が好きだって貴方だから
せめて笑っていたい

でも女の子だからね
泣きたいときもあるから
でも泣けないから
疲れちゃったのかもね

明日どんな顔して
待ち合わせ場所に行こうかなぁ


8 :あかり :2008/06/27(金) 19:10:21 ID:n3oJmkVF

don't you dare

don't you dare call my name again
don't you dare say that you're hurt
'cause I'm hurt
way, WAY more than you

don't you dare be such a baby
you know tou can't live alone
a bird can't fly with only one wing
you can't move forward with just one foot
you can't move forward without the wind pushing you from behind

c'mon baby
don't you dare stop running
don't you dare look back 
don't you dare forget that I love you 
you, you, oh and you
oh no
don't you dare...


9 :あかり :2008/06/27(金) 19:15:40 ID:n3oJmkVF

思い出〜girl〜

思い出の写真が見つからなくて
バカみたいに必死で
2時間も探し回っちゃった

だって
貴方がいないのなら
せめて思い出のカケラだけでも
そっと掌にのせて
そっと見つめて

大切にするくらい
いいよね


10 :あかり :2008/06/27(金) 19:18:00 ID:n3oJmkVF

思い出〜boy〜

君の写真を飾るのをやめた
君が嫌いなんじゃなくて
悲しくなるから
前に進みにくくなるから

でも捨てないよ
君にぴったりの黄色い封筒に入れて
上着の内ポケットいれておこう

それくらいなら
いいかな


11 :あかり :2008/07/05(土) 00:20:10 ID:mmVcVePD

どうしても

どうしても
思い通りにならない
思い通りにいかない

一つくらいある

でもどうか嘆かないで
大事なものだけ手に入れて
手に入れすぎても
周りがよく見えなくなるだけだから

両手で持てるぐらいでいいの
両手で大事に持てるくらいでいいの

どうしても
欲しいもの
願望 夢
手にいれるのは貴方
短冊に書いても
神様に祈っても
サンタさんにねだっても

手に入れるのは貴方
その両手精一杯伸ばしてみてね
今はとどかなくても
明日は
明後日は
もっと近づけるかもしれないんだから

どうしても欲しいもの
大切にしたいもの
お願いだから
どうか見失わずに


12 :あかり :2008/07/20(日) 20:53:30 ID:mmVcVePD

中心

「貴方がいないと私、生きていけない
世界の中心は、貴方」

ああそんな事言わないで

貴方が選んで
貴方が決めて
弱い人間の始まり
垣根の向こうは弱さ
超えては駄目なのに

世界の中心は私
誰の意志でもなく
私が選ぶの
私が決めるの

人は支えあっても
重さかけすぎるとすれ違う
向き合えるように
世界の中心は、自分


13 :あかり :2008/07/20(日) 21:01:31 ID:mmVcVePD

HOME

後ろを振り向かない
のは
過去を切り捨てたいからじゃない
待っててくれる人がいるから
帰る場所があるから
振り向くことなく
思うままに 進める

縛られるのって
悪くないのかも
「解放」なんて
下らないのかも

中心さえあれば
円はどれほど広がっても
円のまま

帰るところがあれば
私はどれ程遠くへ行っても
私のまま

こういうのも
「自由」なのかもね


14 :あかり :2008/07/20(日) 21:03:17 ID:mmVcVePD

選択

つまらない毎日
イコール
平穏・平和

刺激的な毎日
イコール
危険・嫌な事も多い

さあどっちをとる?

大丈夫
正解なんて無いから
心のままに 選んで


15 :あかり :2008/07/25(金) 23:13:13 ID:mmVcVePD

まわる

めぐっている
回っている

良いコトも
悪いコトも

循環している
繰り返す

輪のように
回っている

誰かがその輪を
壊してくれるまで
破ってくれるまで

めぐっている
まわっている


16 :あかり :2008/07/25(金) 23:14:58 ID:mmVcVePD

綺麗

ぼやけてしまう
重ねすぎると
ぼやけてしまう
何も視えない






脱ぎ捨てて





ほら、失うことで
こんなに綺麗になれる






ほら






白よりも純白
黒よりも漆黒


17 :あかり :2008/07/25(金) 23:18:47 ID:mmVcVePD

人 は 上 へ

重力があるから
ほら、上るのは大変でも
落ちるのはこんなに簡単

しがみついていないと
落ちてしまう

人は誰しも
己の背中に翼を欲しがっては
空を仰ぐ
涙して 叫ぶ

でも大地から離れると
不安になる
「貴方の居場所は此処」と
母なる大地の叫びが
聞こえるから
聞こえるから

けれど人は登る
人は空を見上げては
羽ばたきたいと願う
人は天に恋焦がれる

そうやって難しい道を選ぶ
そんな人を素敵という


18 :あかり :2008/07/30(水) 23:03:20 ID:n3oJmkVF

シーズン

見てみなよ 空
美しすぎて
醜すぎて

見てみなよ 君
愛おしすぎて
嫌いすぎて あぁ

お腹すきすぎて
倒れこんだら 昨日
タイムマシーンが
ほしいの

せめて笑ってられるかな
なんかとんでもなく
愛おしい

モーニングコール
出掛け先のオープンカー
先に明日にたどり着いた方が
勝ちね

あぁ 春の匂い
夏の雨に 冬の月
秋は落ち葉ね
一つ一つ 集めてたら
きりがない あぁ

おととい君が言ったこと
信じたいんだ
あさっては
虹色なんだ 愛


19 :塚里一 :2008/08/12(火) 08:45:51 ID:ocsFuDuk

儚き想いは夜半の空に

 月は沈み,天蓋は昏く
 星は流れ,儚く消える

 君は見ているだろうか
 全天を駆ける英雄の矢を
 
 僕は目を瞑る
 瞼の中の天蓋
 
  願わくは君に幸あれ
 
 僕は目を開けて
 宙を眺める
 
 全天に舞う
 ペルセウスの涙


20 :あかり :2008/08/13(水) 17:42:32 ID:mmVcVePi

そうやって

何かが私を呼ぶ
暗いトコロから
明るいトコロから
内から 外から

何かが私を掻き立てる
焦らせる
走らせる
前に行かせるんだ

立ち止まってはいけないと
叫ぶんだ

両腕でかき集められるだけ
かき集めて 抱えて
自分のものにしていくんだ

自分のコトバに
自分のキモチに
していくんだ

持ち主の分からない 宝物なら
空のものにしていくんだ

宛て名のない 手紙なら
海のものにしていくんだ

そうやって前に進む
そうやって皆で背負う
そうやって走り出す
そうやって持ち歩く
そうやって愛していく
そうやって歩んでゆく


21 :あかり :2008/09/01(月) 22:18:53 ID:n3oJmkVF

ナゼ

掴んでいるのに
空っぽで


泣いているのに
乾いてる



桜はとうに散ったのに
花びらがはらはらと落ちる


笑顔なのに
冷たい涙が頬をつたうのは



何故


22 :あかり :2008/09/03(水) 23:11:07 ID:n3oJmkVF

いえなくても

とまらない
押し込めたい
抑えきれない

言えなくても
癒えなくても

あふれだす



パンドラの箱を開けて








飛び出す


23 :あかり :2008/09/06(土) 17:57:15 ID:n3oJmkVF

気付いたら

気付いたら
もう 遅い

堕ちてしまったから


涙は止まらず
心は荒む





笑顔がはなれない

涙はとまらない

キレイゴトしかうかばない




本当は違うのに
私、苦しいのに



つらいのに




気付いたら
君の幸せの方が大事なんだ




君と、君の幸せの方が


24 :あかり :2008/09/12(金) 23:33:25 ID:n3oJmkVF

花、花びら、花、蕾

蕾が花開く前に
摘み取ってしまえば

悲しくないと思ったの

キレイな花を
見た後では
つらすぎると思ったの


でもどうして
鉛が埋まってるかのように
心は重いんだろう




花びらは
どうしてこんなに
重いんだろう


25 :あかり :2008/09/18(木) 23:23:43 ID:n3oJmkVF

サケベ

両手でかかえて
誇らしげに上見てる あなた

片手まわして
嬉しそうに前みてる わたし

前から来るのか
後ろから来るのか
右から?左から?

上にはなにもないけれど
下にはもっと何もないから
どうせなら前みて

胸張って 笑顔で
進んでいければ

右だって 左だって
大差ないんじゃない

かかえて 転んで
憂いて 叫んで
戻って 解って


愛って 空って
蒼って 変わって


戻ればいい
叫べばいい
ダレも来ない
皆前にいるから

叫べ


26 :kairu(通りすがり) :2008/09/25(木) 16:51:29 ID:Wmknz3WG


遠い 遠い日に 囁いた歌は

 教室の隅 机の上 落書きされたまま


繰り返し移る 昨日の君の顔には

 寂しげな笑顔 窓の外 陽炎


嗚呼 二人は夢の間を揺らめいて

嗚呼 揺れてる 甘い言葉が揺れてる

嗚呼 世界は遠い記憶を遡って

嗚呼 月の日 新しい世界が揺らめく



繰り返し響く あの日に囁いた歌は

 君と二人だけの秘密 カードの歌に書かれた流行歌


繰り返し響く あの日に浮かべた微笑みは

 僕だけの秘密 写真の裏に書かれた言葉


27 :kairu(通りすがり?) :2008/10/03(金) 16:55:35 ID:ocsFk7rG

キセキヲテラス


宛名の無い手紙に導かれ 君を探してる
答えの無い出口の群れに 閉ざされても
今を生きる事全てに 意味なんて無いのだろう
ただ迷い続けるだけの日々に 振り回されても

 この手の中にある温もりだけは守り抜こう
 例え明日の景色の中に 貴方だけ見えなくても

 きっと飛び立てると信じて 今駆け出そう
 例えそれが小さくて細い 儚い夢だとしても


価値ある毎日に ただ憧れるだけの日々
そんな偽りの充実感に 心傷つけられても
ただ迷い続けるだけの日々は ここに置いて行こう
閉ざされた記憶の扉 開く鍵は未来

 昨日見た夢の中にある 君の微笑みは
 キセキヲテラスヒカリ カイビャクノキボウ

 君と見たあの光は きっと忘れないでおこう
 例え明日からの毎日に 打ちのめされたとしても


 永久に信じて


28 :あかり :2008/10/12(日) 10:35:46 ID:n3oJmkVF

刹那

草原の月
沼の骨
海の心




両手の苦悩
指先の情感


瞳の虹


29 :kairu(通りすがり…か?) :2008/10/14(火) 14:15:54 ID:ocsFk7rG

no more

昨日見上げた夕暮れ
明日へ続く道を 当ても無く歩いていた

この空は明日へと 続く訳じゃないけど
止め処無く 流れていた

朝の光に照らされるこの部屋は
淡く 軟らかく 僕たちを暖めて

 I can try さぁ駆け出して
 I can't cry 勇気出して
 今も信じてる to the future road

 I seek a way 皆誰もが
 I need way 幸せになるために
 この空は 続いてる



耳にした音楽を ポケットに詰め込んで
迷いながら 過ごしている

放課後 机の隅 書き込んだ僕の夢は
今も 深く この胸に刻み込まれて

 I feel wind さらけ出して
 I think you 迷いなら
 置いて行こう to the future road

 I believe it サヨナラは
 I draw it 必要じゃない
 僕たちは 続いてる


30 :雨宮 宙音 :2008/11/25(火) 17:53:04 ID:n3oJWAY4

ガラス

小さな雲をさわってみた指先で
枯れた花びらをさわってみた

ストライプのカーテンの隙間から
暗い空の隙間をのぞいてみた

ガラスの向こうの景色は輝いて見えた

ああ神様 
眩い輝きも 沈む闇も消して
水色の光をください

身体刺す憎悪も 包まれる優しさも消して
透明な温もりをください


31 :あかり :2008/11/29(土) 14:52:53 ID:n3oJmkVF

ここに

冷たい序章

枯れ葉が一枚地面に落ちると
花が一輪咲く

水しぶきが
上がって 下がって
物語を伝える

風の始まりが聞こえたら
太陽に向かって 射て
そうしたら雲は赤く弾け飛び
氷の雨をふらすだろう

空が叫び
大地が泣くと
海が嘆いて
君も消える

僕は居る


32 :あかり :2008/11/29(土) 15:06:55 ID:n3oJmkVF

叫び

一日中うずくまって
空から目を背けてみた
見つけたのは、何?

どこにいこうか悩むくらいなら
考えなくていい
そこに心があるから
そこに君がいるから

顔が思い出せなくて
太陽に目が少し眩む
眠くなったら 月を眺めたらいい

そこまでついてきて僕を独りにするんだ
卑怯だね 寂しいね
そこまで咲いてまた閉じるんだ
臆病だね 怖いのかい?

ツナガリ消えてキョリできて
それでも僕はいつも手を差し出す
とるかとらないか
決めるのは君だったりするんだ

会えなくても胸が苦しいのは
会えないからなのかな?
寂しくて 悲しくて
気付いたらすごく嬉しくて

毎日の習慣がめずらしくなったら
それは新しい自分の証拠
思わず叫んでしまったら
それは君の想いだから

叫んでしまえ
伝えてしまえ

そこまで君が望むのなら
さぁ行こう どこへ行こう?
そこまで君が愛するなら
僕も愛そう 君の世界を


どうしても逃げられないなら
逃げなければいい
壁が越えられないなら
こわしてしまえ
笑っていまえ

残ったのは感動と君への想い
去ったのは何だろう


33 :あかり :2008/12/07(日) 00:45:08 ID:n3oJmkVF

END

戻らない 戻れない
溢れてくる気持ちは
止まらない

染まらない
写さない
混ざらない

あてにならない物なんて
信じない主義だったのに
いつの間にか 私
狂わされていた

どんなに こんなに
愛しているって
コトバにしなくても
伝わってしまいそうで
怖くて 怖くて
それでもどこかで思ってた
想ってた

手を離したのは私のほうから
心を離したのは貴方のほうから
どっちが先に離れたといえるのでしょう

貴方を思い出すと
まだ心の雨が降る
まだ忘れられずにいる

その眼差しは 今
どこに向いてるの?


34 :あかり :2008/12/20(土) 18:48:38 ID:n3oJmkVF

星と僕

叫んだって声が枯れるばかりで
なかなか君には届かない

もう一歩 もう一歩
近づくだけでいいのに
前に進むと君は遠くなる

時の歯車壊したのは
君じゃなかったのか?
気付いたら斧は
僕の手の中にあったんだ

忘れたくないのに
指の間から零れ落ちる
砂のように 水のように
涙をこぼす程心が乾いて
聞こうとするほど無音になる

星がつかめないなら太陽に恋焦がれて 
その光を少し盗んで ポケットにしまって
世界を手に入れた気分になる

遠くで聞こえる風は此処へはこない
じゃあどこへ行くんだろう?
君の元へ?誰の元へ?

天使の翼を握り締めて
すべてを悟った気になって
花びらをかき集めて
すべてを手に入れた気になって
君の心を手に入れた気になって

気付いたら僕の手は空っぽなんだ



ぬくもりは自分だけじゃ
感じられないから
どうか君の手を
差し出してはくれないか

僕の全部じゃ足りないなら
世界を手に入れてごらんよ
星を掴んでごらんよ

地球も火星も太陽も
みんな君の手の中
持ちきれないのなら
僕が半分持ってもいいかい?

君の涙 零れるなら
僕が拭ってあげるから
どうかどうか
側にいさせてください

君が受け止め切れないもの
僕も一緒に受け止める
君が探しているもの
僕も一緒に探すよ

地球と火星と太陽と
僕は
君の手の中


35 :あかり :2009/02/11(水) 17:37:34 ID:n3oJmkVe

抱きしめても満たされなくて
むしろ気持ちは空っぽで

泣いてみても痛みは消えず
心は乾いてゆくばかり

うずくまったって消える事はできない
背伸びしたって超える事はできない

ならば壊せばいい




崩れた残骸蹴っ飛ばして
雨に濡れた髪を掻き分けて
そうしたら壁なんて取るに足らないもの

叫んだら喉がいたくなった
生きてる事を実感した
眠気も吹っ飛んで
悲しみもどっか行っちゃって

世界の頂点に立てないのなら
自分の頂点つくればいい
そうしたら世界なんてちっぽけなもんなんだ

明日が不安 それも幸せ
昨日は後悔 それも幸せ

今日があるって事だから



そんなに高くへいきたいなら
心を誰よりも高く 持て
そうしたら空なんてとっても低いと感じるから

宇宙を手に入れたいなら
宇宙王でも名乗ればいいじゃないか
そのうちそれもくだらないって分かるから

ああ 手は
なにも掴めない
神様だってそうなんだよ
なら自分の手首を掴めばいい

すべてを手に入れたいなら
すべてを持ってると思えばいい
そのうちそんなの詰まらないって気づくんだ

自分が完璧なんて言ってる君は
自分が完璧じゃないと思ってる
でなきゃそんな顔するはずないだろう?

明後日は雨
ならその次は晴れ
今日は風
もう一度 走れ


36 :あかり :2009/04/12(日) 22:18:54 ID:mmVcVePA

嘘が嘘だとばれないように
嘘をまた重ねる

その嘘の裏で僕がまた
涙を流すことになっても

君の為につく嘘なら
その嘘は真実になる

君のために味わう苦しみなら
その苦しみは喜びになる

涙 流しても

悲しいんじゃない 悔しいんじゃない
少し切ないだけ

君が一晩泣くなら
僕は二晩笑ってるから

切なくても
離れることに比べたらへっちゃらなんだよ
1年の愛より
永遠の友情選ぶって決めたから


それで平気 充分
うんそれも嘘だよ
辛くて涙が出そうになることもある

でも一緒にいたいんだ
壊すのが怖いんだ
離れたくないと喚く
僕はただの弱虫

嘘に嘘を重ね
それにまた嘘を重ねる
僕はとんだ卑怯者

でも 卑怯でも
君のことが好きなんだ


37 :造物主 :2009/05/10(日) 20:42:40 ID:P3x7L4nA

逃げ出す勇気があるのなら
立ち向かう勇気だってあるんじゃない?

立ち止まる事は簡単だ
投げ出す事だって簡単だ

でも歩き出す事は難しい
立ち向かっていく事は難しい

それでもアタシは独りじゃないから
立ち向かっていけるの


38 :あかり :2009/05/21(木) 23:27:18 ID:mmVcVePA

HURRY

平気な顔して笑って
受け流して

オトナだと思ってた
誰よりも子供だったのに

頬に触れるとそっぽむいてしまう君
それを 追いかける僕

でも寂しさは
積み重なってくばかりで

あぁ 壊せたなら
君の 想像 幻想 抵抗
あぁ 愛せたなら
僕の 声も 骨も 瞳も
君のものだから

いくら背を向けてたって
掌は人を求めてるんだろう?

だったら優しく抱きしめてみて
この円の中に 上に 周りに
何千何万人って人がいて
「キレイだね」とか囁きあったら
君の涙は 花びらにかわる

素直になるって照れるよね
こそばゆくてつい下を向く
でも砂の粒を数えるよりも
大空の星を数えないかい?
ふたり 横に並んでさ

あぁ 君の声が
僕に 届く 響く 伝わる
あぁ 叫んでみて
君の 声も 顔も 温もりも
僕は大事にするから


分かってもらえないと
くやしいと思うはずが
いつの間にか慣れてしまってたようだ
何も解りあわぬことに

最初に 扉 開くのは 君だ
僕は隣で すこし力を添えて
まだ 歩く 走る 進む
まだまだ止まる気がしない


you understand?
解ったなら 早く


はやく


39 :あかり :2009/05/22(金) 23:28:09 ID:mmVcVePA

例えば

例えば
人生が100日で
99日間苦しくて
辛くて 悲しくて

でも
100日目に君に会えたら
「僕の人生は幸せだった」って言えるんだ


例えば
全然ついてない時
何も上手くいかなくて
イライラ くやしい
マイナス思考がグルグルまわる

でも
君の声が聞けたなら
「今日はいい日だった」と言えるんだ


でかけなくても
何もしなくても
トナリに座ってるだけで
心の中は大冒険

メールが来ると
電話していると
君の笑顔がうかぶ 
うれしいのに 泣きたくなったり

喉の下
肺の上
くらいの所を
ぎゅって掴まれたみたいに
苦しくて ドキドキして
うまく呼吸ができなくて
声が震えてしまうんだ

でも一緒にいるとき
幸せではないんだ
なぜか苦しくて 思うことが言えなくて
意地悪くなったり そっけなくなったり
うまくいかなくてイライラしてしまう

でも一緒にいたい
そばにいたい


例えば
僕が明日いなくなるとしても
今日君に会えたから
今まで何があったとしても

「幸せ」だって言えるんだ


40 :造物主 :2009/05/29(金) 23:37:25 ID:P3x7L4nA

僕はキミのマリオネット

キミが笑ってくれるなら
僕はなんでもするよ

僕はキミのマリオネット

だからどうか、泣かないで?
笑って 笑って

僕の大好きなあの笑顔で

僕はキミのマリオネット
笑って 笑って


41 :あかり :2009/05/31(日) 16:21:06 ID:mmVcVePA

ずっと さ

もう 怖がらないで
無茶しないで

君が求めなくても
僕はそばにいるから
涙をためた
その瞳が物語る
「寂しい」と「愛が欲しい」と

間に合うかな
君の笑顔
消える前に さ
忘れてないかな
君のこころ
壊れる前に さ

「手遅れ」なんて言わせないから
そんな気持ちに
させないから

君の
猫背がちな姿勢
すこし骨ばった手首
潤んでる睫毛

包み込んでる

僕の
この気持ち 切なさ やるせなさ
君に
伝わってしまったかな
君は
気付いてしまったかな

僕の無力に さ



君の手
長い指
まっすぐで長い髪
あかく染まった頬
いたいけな掌

守れるかな
愛せるかな

これからも さ


42 :あかり :2009/05/31(日) 16:29:53 ID:mmVcVePA

I TRY

I always try to think
that there's somewhere in this world 
where we belong for ever 

the two of us, holding hands


it may be a long journey 
we may go through some difficult things 
but we'll always know 
we have eachother

never turn around 
to see your past
there's nothing there behind you
except for regret and fear

I always try 
to make you feel better
but if I do something wrong
you'll be there to make me strong

fight your fears
face the tears
we can grow wiser 
we cand get stronger 
as long as we look at each other

don't look back, my darling
there must be no fear in your heart
look, you can see
there's no fear in my eyes

yes I try, I try
to hold you tight each and every day
but sometimes you seem to slip out of my hands
please don't leave
I want you to stay
nothing will scare me 
as long as you're right there

will you stay?
then I'll try


43 :あかり :2009/05/31(日) 17:05:33 ID:mmVcVePA

お知らせと訂正

最近、詩の系統が変ってきた気がします。
口調とか、題材とか・・・・

でも詩を書こうとすると
同時にメロディーがうかぶのは変りません^^

よろしければお好きなメロディーにのせて読んで見て下さい。



あと、1つ前の詩「I TRY」の
we can get strongerのcanの部分がcandになってしまっています。
細かくて申し訳ありません。


これからもつらつら書いていきますのでよろしくお願いします。
あと、どなたでも気が向いた時に詩を書いていってくだされば光栄です。


44 :あかり :2009/08/31(月) 20:30:34 ID:mmVcVePF

ほし

地球が丸くたって
四角だって
三角だって

僕にはあんまり関係ないんだ


そんなことよりも
君が幸せとか
悲しいとか
笑ってるとか
泣いてるとか の方が

僕には大事なんだ


ちゃんと見つめていたい
僕らの行く末を
ちゃんとわかっていたい
君の後悔を

桜が満開だろうが
散っていようが

そこまで気にはしないけど
君が気にするなら
そりゃ大ごとだ


つまりね
僕にとっては
地球より 桜より
空より 僕より

君が大事なんだよ

桜が満開でも
君の笑顔が枯れてるなら
桜が散ってても
君の笑顔が満開なら

地球が丸くても
君が下向いてたら
地球が四角でも
君が上向いてたら


45 :山内雪治 :2009/10/01(木) 00:10:04 ID:WmknWJzn



人であったはずだった
けどそれを僕は捨てた

守るため
愛するため
君といたいため

君のために他の誰だもない
そのために僕は人を捨てた


46 :あかり :2009/10/01(木) 21:17:10 ID:mmVcVePF

緑とビー玉

僕の手は意外と小さかった
でも君の手よりは大きかった
君の背は高めだった
でも僕よりは低かった

緑じゃなく蒼だった
黄色じゃなく紅(あか)だった

もうどうしようもないくらい
狂ってしまっていたのに
ほら 一つ見つけるたび
世界はどんどん 広く 広く

広がる僕の両腕
そこに飛び込む君
果てしない約束探しては
仰いで 笑って また走って

風の匂いが訪れたら
聞こえてくるんだよ
君の 誰の 僕の
蜂蜜より甘い言葉
飴玉より甘い歌声

白と蒼と
紅と紫と
混ざっては温めあって
探っては笑いあって

筆箱の中の夢
隠してたはずの赤面
白い紙が風に乗って
桜並木道まで届く

素敵な靴を履いて行くんだ
ポケットは空っぽでいいさ
鉛筆で描いた想像
消しゴムじゃ消せない愛

僕は臆病 それが何だ
彼女は笑顔 それでいいんだ
電車とバスを乗り継いで
貝殻を握って
空の 宇宙の 心の
その向こう


47 :あかり :2009/12/16(水) 00:13:02 ID:mmVcVePFme

にらめっこ

涙が頬をつたった
唇に少しついたので 舐めた
少ししょっぱかった

昨日涙を流した所に
一輪の花が咲いていた
それは それは 色鮮やかで
太陽とにらめっこしてたんだ

クレヨンで描いた夢
紙を破っても 消えないんだ
君の笑顔や仕草
涙で流しても 消えないんだ


胸がざわめく
カウントダウンは始まった











ああ つのる想いを
太陽よ 焼き払ってくれるかい
僕もにらめっこ してみるからさ
3秒しかできないけど

カウントダウンは始まった








my dream yesterday 
was it really a dream?
maybe it was real


クレヨンで太陽描いて
にらめっこしてみたよ
笑ったら負けなのに
泣いちゃったよ

どうしてだろう


ああ そうだ

太陽が
君の瞳に似てるんだ







48 :あかり :2009/12/21(月) 01:12:50 ID:mmVcVePFme

黄身

卵が割れて 黄身が顔を出す
枝が枯れて 冬が顔を出す

モノクロは いつのまにか
シャッターの向こうに 
閉じ込められてた

触れてみても冷たい
心も 指先も
その瞳の光を 少しだけ
わけて欲しいと願うけど
欠片さえも掴めなくて

髪の毛がなびく様に 心揺れて
叫んだだけ喉はかれて 甘い痛みが増す
悲しいと嘘を吐いて
もどかしい気持ちを誤魔化し

会いたいと願うのは罪 と
自分に言い聞かせてるつもりでいた


でも本当は
ホントウは

叫んだって 僕の声は
冷えた空気に吸い込まれるだけで
模様を探しても見えない君は
さまよう そして 黄身を見つける


割れたら最後 直せないハート
少し位水で溶かしたら 甘い味がするかもね



黄色は少し 見飽きたのかも


49 :あかり :2010/09/24(金) 05:10:40 ID:LHuDQHrcLc

トウメイ

探し物があるの と
君はいつも口にする
けどホントは何も探してなんていないんだ


空を見て「蒼い」 と
君は時々つぶやく
けどホントは蒼色なんて見えないんだ

少しずつ君を知ってるつもりでいた
羽のように軽く 鉛のように重く

その涙一滴さえも


繋がれば離れることはないと
抱きしめた手に棘が刺さる
見えないものを摑もうとする僕は

僕は


君に会いに行くのに と
僕は心をむき出しにする
涙でも笑顔でも表せない気持ちが
ココニアルカラ


「怖い」と立ち止まっていたはずの君は
もうずっと僕の前を歩いていた
いつの間に僕の翼は


翼は
消えたのかな


50 :あかり :2010/09/24(金) 05:29:34 ID:LHuDQHrcLc

wish



舞い上がる水しぶきが
私の頬を濡らしてく
乾いた色の瞳が
熱にゆらめく瞬間


wide awake夜のベッドルーム
眠れなくて夢見る私
朝日が登ればまた貴方の
漆黒が私を捕える


見上げる瞳は 誰よりも哀しくて 愛(かな)しくて
戻らない今日を その輝きに映す


why is it you?なんでなのかな
why not me?貴方の心が知りたい
と思うのは罪となるのですか?

every day, every night, nobody waits for me to come
待っているのは私だけ
疼く心を押さえながら
まだ扉から離れられずにいる


why won't you choose me?
why can't I be your destined one?
(maybe cuz we just weren't meant to be...)


51 :陽蕗 :2011/02/14(月) 01:50:01 ID:nmz3miL7k3

月夜

あの夜のことを忘れない
君の上に星はなかった
白い月だけが浮かんでいた

君は煙草に火をつけて
ゆっくりと空を見上げて
静かに笑みを浮かべていた
その笑みはとても小さかった

海辺なのに音はなかった
吹きわたる風に
砂が流れる音もなかった
それでも風は渡っていた

白い白い月と
赤い赤い煙草の火
風が愛おしいと踊る夜

君は笑っていた
月を見上げて
煙草をかかげた


novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.