紫林檎


1 :ライ :2010/02/24(水) 22:29:28 ID:kDx7kmx3


ライです。

悲しみの雪は降り続きます。

しんしんと・・・・・


2 :ライ :2010/02/24(水) 22:37:22 ID:kDx7kmx3sJ

使命


目まぐるしく変わる、この世界で。






たった一人の僕たちは、何を残せるのだろう。






今、手に握っているこの五百円玉も






何の意味も無いものだというのに。






それでも僕らは一人、狭い世界を歩く。






この使命感と戦いながら。


3 :ライ :2010/02/27(土) 08:32:02 ID:kDx7kmx3sJ


飛んでいく。






飛んでいってしまう。





遠く





遠く





手の届かないところに。





それを恐れて





なにも出来ないあたしは





ただただ





空を見上げることしか





出来なかった


4 :ライ :2010/02/28(日) 11:00:56 ID:kDx7kmx3sJ

感覚


怖い。






怖い。





時々そんな感覚が





自分を襲う。





目の前が真っ赤に染まる。





心臓が大きな音を響かせ





体を動かなくさせる。





そんな時





あぁ、生きてる、って思う。


5 :ライ :2010/03/07(日) 10:17:42 ID:kDx7kmx3sJ

命のリレー



負けない。





私は負けない。





絶対に。





走りきってみせる。






そして強く





強く





地面を蹴る。


6 :ライ :2010/03/14(日) 08:33:38 ID:kDx7kmx3sJ

何故


悲しいのに




辛く厳しい道だというのに





その頬に涙




血が伝っているというのに




キミは何故そこに向かおうと




悲しみに濡れた道を行こうとするのだ




爛れた心を持つもののそばで




ただその最後を待つだけなのか




一番自分の愛する場所で




静かに眠るというのか


7 :ライ :2010/03/14(日) 08:36:56 ID:kDx7kmx3sJ





頬を染めながら










君は僕の手を離した




そして微笑む








柔らかな日差し





甘く香る、午後


novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.