伝えたいもの


247 :朝比奈いづる :2011/05/04(水) 00:16:44 ID:tGWALcQJzm

春が来た


ふわりと風に乗って桜の花びらが開けた窓から入ってくる


この家の主であるおばあちゃんは縁側でぼーっと桜を眺めている


ぎぃっぎぃっ

おばあちゃんの座る椅子が揺れた


おばあちゃんは何か口ずさんだあと
思い出すように、嬉しそうに微笑んで

またぎぃっぎぃっと音を立てながら椅子を揺らした


私はおばあちゃんにそっと後ろから近付いて抱き締めた



「おばあちゃん


    また来たよ」



おばあちゃんは私を見ないまま微笑んで
こんにちは、と椅子に座ったまま会釈する


おばあちゃんは私をわからない


母さんがもう年ねとかぼやいてた

でも、私は気にならない

私はこの家に流れるゆったりとした雰囲気が好きだ
世界から隔離されてここだけ違う世界にいるみたいに感じる

その中心にいるおばあちゃんもまたゆったりとしてる
…大人になったら私もおばあちゃんを母みたいに敬遠したりするんだろうか?


そんなのヤダな…



私はおばあちゃんをもう一度ぎゅっと抱き締めると
おばあちゃんの為の飲み物を用意する為に台所へ向かった





-----------------------------------------------------

全く意味はない。取り敢えず書いただけの産物。
しかも季節ちょっと過ぎてる感じで(笑)
なんかめっちゃ久々に書いたなあ。ちょっと楽しかった。


novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.