Spring Vacation


1 :ちゅら :2011/05/30(月) 21:02:30 ID:PmQHLio4

 高1の春が終わった。束の間の休息が訪れて、僕らの高校は春休みに突入した。
終業式を終えた僕は、学校から500mほど北にあるコモヲ公園で開放感に浸っていた。

「春休みはどこに遊びに行こうか?」
 傍らには去年の夏から付き合っているあかねがいる。いつもの光景。
「なあ、あかね。大事な話があるんだ、聞いてくれるか?」
「うん、なになに?」
「別れてほしいんだ」
「わかれてほしい?……嘘」
 あかねは絶句している。つい先ほどまで穏やかだった表情は一変していた。そして
驚きに満ちている。

「どうして?別れる理由なんてないじゃない。他に好きな子でも出来たの?」
「そうじゃない」
「だったらどうしてよ」
 あかねは僕の肩を二度ポンポンと叩いた。
「理由を話しても、きっと理解してもらえないよ」
「やっぱり好きな子が出来たのね。私、直人のことずっと信じてきたのに」
 自分自身を一度清算したいから。
 こんな理由を述べて、誰が納得してくれるだろうか。だから僕は何も言わなかった。
「何か言ってよ。この仕打ちが私に対する答えなの?」
 問い掛けにやはり答えなかった。
「最低」
 彼女の言う通り、僕は最低だ。こんな形でしか、今の自分を表現できないのだから。
 しばらく僕を見つめた後、泣き崩れてあかねは公園を出て行った。

「塾をやめるってどういうこと?直人、一体どういうつもり?」
 母の抵抗は予想通りだった。塾をやめると言って、反対しない親は皆無に等しい。
「だからやめるってこと。理由は別に何もないよ」
「この大切な時期に……直人、何かあったの?あかねちゃんと仲が良かったのに突然別れ

って言い出すし。あかねちゃん、すごい落ち込んでいるらしいわよ」
 あかねの母と、僕の母は友人同士である。同じ料理教室に通っているから、すぐ母の耳

届くのは承知していた。
「あかねと今回の件は別問題だよ。とにかく塾はやめるから」
「ねえ、博人。何か直人に言ってよ」
 父は黙って新聞を読んでいた。それは返って僕には不気味だった。
「ねえ、博人聞いているの?」
 母の怒りは頂点に達している、これ以上溜め込むと、感情を制御するわけにはいかない

ら、父に助けを求めているようだった。

「好きにさせてやればいいんじゃないのか。直人に考えがあるんだろう」
「あなた何言っているの?まだ直人は高校生なのよ」
「高校生にもなれば自分の考えくらい持つさ。直人が何を考えているのかは知らないが、

せてみるのも一つの方法ではないのかな」
「もう、甘いんだから……」
 普段は寡黙な父の意外な言葉に、僕自身が驚いていた。
「悪いね、父さん。僕の好きなようにさせてもらうから」
 父に賛同をしてもらって、僕は正直安堵していた。この春休みで僕は僕自身を一度リ
セット
してみる。前から構想はあったが、実際に決めたのは2週間前のことだった。

 携帯電話の解約を済ませて、すべての作業が整った。これで友人から電話も掛かってこ
ない
し、あかねとのメールで気を紛らわすこともない。誰にも束縛されない生活。
 自室にある南側の窓を開けて見る。すがすがしい春風が吹き込んでくる。もうすぐ本格
的な
春がやってくる。
(高2になったら、新しい自分を見つける)
不安ながら今の支えはこれしか見つからずにいた。


novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.