(感) 喫茶店


システム

この掲示板は、小説広場の小説【喫茶店】の感想専用です。


1 :フレアス :2011/01/08(土) 22:10:33 ID:rcoJsAzDYk(7413)


ども、お久しぶりです。フレアスです。1年くらい、お久ですかね。某投稿サイトも蒼幻さんの作品、読んでますよ^^

 感想ですが、蒼幻さんの作品にしては比較的簡単に読めて、温かい、ほろ苦い気持ちにさせてくれました。最近、こういう落ち着いた純文学が心に沁みるというか、いいですね。作中の『過去に発表されたものを目にしてそれでアウトラインを定めてしまったならオリジナリティは追及できないのではないか』という一文、心が痛いです。

 それでは、インフルエンザに気を付けてお過ごし下さい。あ、明けましておめでとうございます。では、いつかどこかで。


2 :蒼幻 [E-Mail] [HomePage] :2011/01/09(日) 16:21:46 ID:tcz3skkHkc(3681)

>フレアスさま

 あけましておめでとうございます。
 お互い、いい一年になるといいですね!

 拙作に感想、ありがとうございました。
 軽い気持ちで読めると言っていただけで、書いた甲斐がありました。
 なかなか私の書く文章は難渋なものが多いので、
 どうしても今作のような感じにならないのですよね。

 今回はちょっと統語的な問題とかを自分なりに設定して、
 細かなところを修正しての完成になりました。
 具体的には語順と句読点、これはある書籍の考え方を踏襲したものでした。
 どうすれば読み手の頭にすんなりと文章が入っていくか、
 それを考えていくことも書き手の義務であるように感じています。

 インフルエンザ、流行りはじめてるのですね。
 私は結構家にこもりきりなので、感染の可能性は低いのですが、
 フレアスさまもお気を付けください。
 寒い時期が続きます。
 元気に毎日を過ごせるようにと祈っております。

 ではまた機会があれば、よろしくお願いいたします。


3 :フレアス :2011/01/09(日) 21:06:28 ID:tcz3smzJPG(6573)

ども、レスします。

 蒼幻さんの難解な作品も好きなんですが、今回のも好きです。状況が分かりやすく物凄い読みやすかったですよ^^ 癒しがありました。

 私は書く時間が無く、書いても恥ずかしいので投稿することは無いと思いますが、読み専で頑張りたいと思います。

 お互い、良い一年になりますように願っています。それでは。


4 :蒼幻 [E-Mail] [HomePage] :2011/01/10(月) 01:05:17 ID:tcz3skkHkc(4195)

>フレアスさま

 こんばんは〜。21時過ぎに眠って、いま起きました(^-^;
 大河の「江〜姫たちの戦国」がはじまってわくわくしています。

 難解なの好きでいらしてくださるのですね。
 とてもありがたいお言葉です。
 またこういう作品も書きたいと思わせてくれるコメントでありました。

 フレアスさんはなかなか書かれないのですね。
 んー残念です。当サイトではなかなか読みごたえのあるものが投稿されないので、
 いい書き手さんが常連でいらっしゃるとうれしいのですけどね(^-^;

 また作品を投稿させていただくと思いますので、よろしくお願いいたします。


5 :四季条 ユウ :2011/01/14(金) 00:20:50 ID:LmrGPJLLnc(8079)

どうも、こんばんわ。
四季条です。

喫茶店、いいですねぇ。
命題も内容も心に染みるものがあります。
こういうどこにでもあるような物が題材の小説は気になってしまいますね。
一気に読みましたが、色々と心に刺さりました。
特に主人公が小説を書く理由を綴っているところなどは、蒼幻自身が言っているようにも思えました。
大切なのは『気付き』の一言が、同じ小説を書くものとしてぐっときました。
本当に大切な事だと思います。


6 :蒼幻 [E-Mail] [HomePage] :2011/01/14(金) 03:55:42 ID:tcz3skkHkc(1030)

>四季条 ユウさま

 おはようございます。拙作にコメントをお寄せくださり、ありがとうございます。

 喫茶店というありふれた題材で、展開もそれほどひきつけるものでもなかったかもしれませんが、楽しんで読んでいただけたようでほっとしています。
 最近私が書いている現代ものは、実際、なにか特殊なものを題材にしているわけでもなく、周りを探してみれば、すぐに見つかるようなものを題材にしてしまうことが多いようです。そういう風に意識してやっているわけではないんです。なにか、手に届くところにあるものをすくい上げて、そこに隠れているものをちょっと表に出せればいいな、とそんなことを思ったりもします。

 主人公の執筆の悩みは私が直面している問題点にもかなり近いところを書かせていただきました。どうすればオリジナリティを発揮できるか――。私は物語の奇抜さより、数行読んだだけで、文章から、書いた人間が誰なのか、すぐに特定してもらえるようなそんな個性がほしいな、とそんなことも思ったりしています。
 なかなか難しいことですけどね^^;

 では、感想ありがとうございました。
 よかったら、また読んでくださいませ^^


追加発言

名 前:
メール:(省略可)
ホームページ:(省略可)
内容:

6102 →イタズラ書き込み防止のため、4桁の数字を写してください→

pass= id=

novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.