赤き月


1 :紅蓮 :2009/07/03(金) 16:43:34 ID:onQHLcVA

『空に赤い月が浮かぶ時…
 バンパイアは復讐を果たす…。
 赤い月が満ちる時…
 バンパイアは――――…。
 バンパイアが歌う時…
 赤い月が欠けてゆく…。
 赤い月が沈む時…
 バンパイアは眠りにつく…。
 再び赤い月が空に浮かぶまで…』


2 :紅蓮 :2009/07/03(金) 17:03:13 ID:onQHLcVA

「さっさと席につけーい!朝礼を始める!」
生徒は渋々席につく。
「大体、朝読書があるだろう!何で立ち歩いているんだ!」
「これから朝礼を始めます。起立、礼」
むさ苦しい(暑苦しいとも言える)教師の注意を無視した日直。
無視された教師はまだ何か言いたげだったが
朝礼が始まったので黙っているしかないようだ。
「…先生からの連絡です」
「入れ」
教室がざわつく
「転校生だ。みんな、仲良くするように」


3 :紅蓮 :2009/07/03(金) 17:15:58 ID:onQHLcVA

「神山 陸也です。よろしく」
髪の長い、片目が銀色の男…。
カラコンかな…?
「席、神崎の後ろだ。神崎」
「ここでーっす」
「あいつの後ろだ」
「わかりました」
静まり返った教室に、神山の足音が響く。
「よろしくな、神山」
「…よろしくお願いしますね。神崎君」
その途端、教室がどっと沸く。
「神山、言っとくが、神崎は男じゃないぞ」
「それは失礼しました。神崎さん」
なんか気まずいけどこのままじゃこっちも落ち着かない。
「神崎でいいよ。それに、慣れてるから気にするな」


novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.