リア充


6 :たきいし のぼる :2012/03/03(土) 08:47:15 ID:rcoJs4LGY4

おれのともだち

心につもった日々の後悔が 
ときとなく平和なおれを襲いくるよ。 
見果てぬ夢のくずが 彼方此方 
町の中ちらばっておれを食っていた。 
手を取りプリクラ。
仲良きカップルには知らない間に 
溜息が生れていた。 
いたずらにただ時を過ごさぬためか 
計画だらけの手帳を示す人。 

そうだよ 楽しげな暮らしのともだち。 
「おお つれえなぁ。明日こそやらなけりゃ。」 
お人好しにはげまされ続けた。 

おお おれを襲い 平和な町を襲い来る。 
「リア充よ」 お前こそ暮らしのともだち。 

そうだろう 楽しげな暮らしのともだち 
いつもおれにささやきかけていた。 
「何をしてるのさ。」 
「おれはリア充に追われて暮らしてた 
いつも嫉妬してなきゃ。」 

そうだよ 楽しげな暮らしのともだち。 
「おおつれえなぁ。今日はダメだったよ。」 
お人好しにためいきをついてた。 

おお おれを襲い 平和な町を襲い来る。 
「リア充よ」「リア充よ」「リア充よ」おれを襲え 

お前こそおれのともだち。


novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.