リア充


2 :たきいし のぼる :2012/03/01(木) 23:25:01 ID:o3teV7VFze

リア充の人よ

 
笑顔もてやさしげにこの俺は言葉をかけた。 
ひからびた情熱は、ただ過ぎるくらしの中へ消えた。 
涙もて目を上げた。この俺は高きを見つめ、 
うちふりし情熱は、ただ過ぎるくらしの中へ消えた。 
人の世にありて、過ぎゆく日々に身をおけば、 
リア充俺を嘲(あざけ)、日々ゆくくらしがあった。 
笑顔もてやさしげにこの俺に言葉をかけていた、 
強き人のまなざしは、うちすぎる 
くらしのなかへ消えた。 
うちすぎるくらしの中俺は日々過ごした。 
リア充の人よ、教えてくれよ。 
この俺にも青春をどうか。 
教えてくれよ。おれには待ちのぞむ日々のありし 
ことを。さあ、待ちのぞむ恋人があると。 
希望あることを。 

  リア充の人よ。
 いかり、
  喜び、






  死にゆくのか。 






  俺は。 
 Yeah。

笑顔もてやさしげにこの俺は言葉をかけた。 
ひからびし情熱は、ただ過ぎるくらしの中へ消えた。 

うちすぎるくらしの中俺は日々過ごした。 
リア充の人よ、教えてくれよ。
この俺には待ちのぞむ日々のありしことを。 
俺は働く。日々過ごすため、くらしゆくため。 
リア充の人よ。享楽のときを、苦しきときを飲み込んでゆく。 
リア充の人よ、楽しき人よ。 
水を飲んだ。本を読み散らした。 
過ぎゆく日々を俺は過ごしゆくために。 
過ぎゆく日々に君は何をしてるだろうか。


novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.