pLatOnic.VEr


1 :赤猫 :2007/03/15(木) 19:24:03 ID:nmz3m4Ln

こう見えて私

結構、純粋なんですよ?


2 :赤猫 :2007/03/15(木) 19:27:11 ID:nmz3m4Ln

「先輩、先輩。欲しい物ってありますか?」


「世界征服出来るくらいの力。」


「・・・他に」


「土地。」


「もういい」


「うそ。指輪。」


「・・・」



そんなの

あたしがあげても

よろこんでくれないくせに


3 :赤猫 :2007/03/17(土) 23:17:22 ID:PmQHQ4ui

「先輩って煙草吸います?」
「僕は煙草嫌いやで吸いませんよ」
「ふーん。珍しいですね」
「いや、未成年ですし」
「ふーん。さぞかし肺がお綺麗なんでしょうね」
「綺麗やでー僕の肺 。  お腹は真っ黒やけどネ」
「ふーん。・・・・・・え?」


ほんと

おなかまっくろそうですもんね


4 :赤猫 :2007/03/20(火) 22:02:08 ID:o3teQJQn

「ホワイトデーって彼女に何しました?」
「ん−。なんやっけなぁ」
「あたし、彼氏にカレーとか作られたらたまりませんね」
「ふーん。」
「なんかいいじゃないですかー。それで、じゃがいもとか異様におっきかったりしたら、その不器用さがまた」
「・・・ふーん。」
「聞いてます?」
「ちょ、今メール中」
「・・・・・・」


せんぱい、
かのじょとめーるしてるとき
ぜったいこっち
むいてくれないですよね


5 :赤猫 :2007/03/25(日) 22:35:04 ID:ommLummc

「あ、先輩お久しぶりですー」
「は?」
「・・・え?」
「・・・誰やっけ」
「!?」
「え、君、誰?」
「ちょ、せんぱい、冗談きつい。。」
「ウソウソ、ごめん。てか久しぶりか?」


たぶん
いちにちあわなかっただけ
なのに
なんにちも
あってないきがしたのは
やっぱり あたしだけ


6 :赤猫 :2007/03/30(金) 21:45:44 ID:ncPiPFVc

格好良くて、綺麗で
なんて
眩しい人間だろうと思った。
すすり泣く声が
どうしても愛しくて
どうしても、妬ましかった


7 :赤猫 :2007/04/07(土) 21:47:17 ID:kmnkzGnF

貴方は不器用で
色んな人を傷つける
だけどその分、
何倍もの笑顔を与えるから
みんな
貴方が大好きなんだよ


8 :赤猫 :2007/04/13(金) 21:07:09 ID:ncPiPFVe

私はどうも器用で
色んな人に笑いかける
本音を隠して
自分の気持ちも大切にしなきゃ
相手の気持ちなんて
分かりっこないのにね


9 :赤猫 :2007/04/28(土) 13:26:55 ID:m3knVkmF

同じ空気を吸って
同じ世界で生きている
それだけで
愛しさが込み上げてきた


10 :赤猫 :2007/05/14(月) 14:39:19 ID:o3teQJP7

泣いてるアナタを
抱き締めてやる事さえ
できなかった


11 :赤猫 :2007/10/25(木) 19:12:37 ID:nmz3m4Ln

隠れてるんじゃない
逃げてるんじゃない
待ってるんだ、
誰かを


12 :赤猫 :2007/11/23(金) 00:17:36 ID:o3teQJP4

何万回、好きと言っても
私の気持ちの3分の一すら
伝わってない気がして
もどかしくなった


13 :赤猫 :2007/12/16(日) 18:23:46 ID:kmnkzGnF

「今、なに食べたい?」

「最近そればっかやん」

「いーから。なに食べたい?」

「・・・オムライス。」

「ふーん」



かれし、好物=オムライス
わたし、得意料理=オムライス

全ては調査済


novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.