一つより二つ


1 : :2007/12/17(月) 00:08:59 ID:rcoJVemH

 選択肢は一つなのか?
 それとも二つ?
 それ以外あるのか、それはまだわからない。

「どちらにするの、光太郎?」
 アイスかソフトクリームか、どちらも選べない。
 でも迷っているうちに母がイライラしてくるのを僕は感じていた。
 はいはい、もちろん優柔不断な僕にたいしてだ。
「どうするの?」
 たずねられると選べない。その連続だ僕の人生は。
「どうするの? 選べないなら買ってあげるのやめるわよ! どっちにするのよ!」
 昔から僕はこうなんだなあ。僕は心の中でため息をつく。
 いや心の中でため息をついているのは現在の僕か。
「……はああああああ」
 大きなため息をついていると、どこかイライラした顔で今度は『彼女』が僕を見る。
「光太郎君、えりちゃんと、私どちらが好きなの?」
「もちろん私よね?」
 正確には彼女……たちだ。
 そう彼女たちはイライラした表情で僕を見ていた。
 はいはいいつものことだ。
 どうして女ってのはこうすぐ怒るんだ?
 完全な怒りの表情になって、二人は僕を見ていた。正確にはにらんでいた。
「ねえ光太郎君!」
「どっちにするのかはっきりして! ゆうかちゃんか私か!」
 はいはい、そうなんだよなあ。いつもこうなんだ僕は……。
 ソフトクリームかアイスか……こんな人生なんだよ。
 そして結局……。
「「もう知らない!」」
 と二重奏となって、僕を見捨てる言葉が投げかけられるんだ。
 はあ、僕はいつもこうなんだよ。選べないないんだよね。
 三つ目の選択肢ってないのかなあ?
 二つだけだったら、どちらは選べない、三つ目ってないのかなあ?
 アイスかソフトクリームか……。
 えりちゃんか、ゆうかちゃんか。
 ふうううううううう、第三の選択肢を神様与えてください。
 この場合は今の結果でいいのかな?
 そう「どちらも選べない」
 正確には「どちらも選ばない」で。
 
 
 


novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.