恨みのサイト


1 :黒蝶 :2008/02/18(月) 20:03:28 ID:PmQHxGzc


 私は過去に思い出したくも無い記憶がある。

だけど時々、なにもないのに急に思い出す出来事がある。

      「 悪魔の通信 」


2 :黒蝶 :2008/02/18(月) 20:19:17 ID:PmQHxGzc

過去


私の名前は「天沢瞳」中学2年生。

クラス替えをして、新しいクラスでも友達が出来てすごく嬉しかったと思ってた。

「瞳ー。一緒にお弁当食べない?」

クラスで一番仲が良い「望月亜理紗」

瞳「いいよー。おかず交換しようぜ☆」

亜理紗「oK!!いつも通り卵焼きねー」

私達は極々普通に楽しいお昼の時間を楽しんでいた。

真紀「ねーねー。仲の良い双子ちゃん(笑)知ってる?
   悪魔の通信って言うサイト。」

亜理紗「なにそれ?いたずら?」

真紀「違う違う。本当の話らしいんだけど、そこに憎い相手の写真を貼り付けると
   悪魔が心臓を食べて、その人間を知らない場所へ持っていくんだって。」

瞳「怖くね...?心臓食べるって気持ち悪い...。」

亜理紗「瞳!!そんなの嘘に決まってんじゃン。悪魔なんて
    いるはずないじゃん。」

真紀「でも本当らしいよ。でも何故かそのサイトにアクセス出来るのは
   ある条件のある人みたいだよ?」

瞳「何?その条件って?」

真紀「そこまでは知らないンだよなー…。うちも気になるんだよねー…。」

亜理紗「ばかばかしい。そんなの誰かが作ったいたずらだし。絶対に。」

真紀「だったら亜理紗、誰かの写真を送ればいいじゃん。
   それでその人が行方不明になったら本当でしょ?」

亜理紗「ちょっ・・・なんであたしがやらなくちゃいけないのよ!!
    一番おもしろがってたあんたがやればいいじゃない!!」

瞳「まーまー。2人とも落ち着いて。ねっ?」

そのあと、真紀は去っていった。

亜理紗「まじ、ばかばかしい。ちょっと真紀はありえん。
    逆切れとかありえないし!!」

瞳「亜理紗も落ちついてよー。噂なんだし。」


3 :黒蝶 :2008/02/18(月) 20:32:33 ID:PmQHxGzc

サイト

私はお弁当が食べ終わったら先生に提出物があったから1人で出しに行った。

瞳「あー。真紀があんな事言うからー...怖いなー...
  でも条件ってなんだろ...悪魔って誰...?」

私はそう思いながら教務室に向かった。

ガラガラガラッ!!

瞳「失礼しまーす...先生居ますか?」

教頭「あー。田中先生だろ?たしか今、情報処理室(パソコン部屋)に居るよ」

瞳「そうですか...では失礼しました...。」

瞳「情報処理室?なんでだ?あ...真紀の話思い出しちゃった...
  怖いなー...ちゃんと提出物出してればよかった...」

そして私は情報処理室の前に着いた。

瞳「早く終わらせて亜理紗の所に戻ろう;:」

ガラガラ...ガラッ...

瞳「先生...居ますか??」

そこには先生が居なかった。しかし私は1体のパソコンに目がいった。

瞳「あれ?ここのパソコンだけがついてる...?誰かつけたのかな...?
  しかもインターネット繋がってる...」

と同時に私は真紀の言葉を思い出した。

瞳「うっ...で、でたらめだよね?」

自分にそう言い聞かせながら私はキーボードに手をおいた。

瞳「う...噂だもんね...ちょこっとだけ...亜理紗も気になってたし...」

カチャ...カチャカチャ...

瞳「えと...あ・く...ま...つうしんっと!!えい!!」

そのとたん画面が真っ暗になった。


4 :黒蝶 :2008/02/18(月) 20:43:58 ID:PmQHxGzc

サイト

私は急に何かがおこったと感じた。

瞳「え...何...?何があったの?」

と同時にページが表示された。

━━━━━━━━━「悪魔の通信」━━━━━━━━━━

人間は愛から憎しみに変わる。

憎しみは増幅し盛大な悪に変わる。

その感情を得たものは悪を楽しむ...。

誰にも止められない。正義を嫌うものへを進化は

実におもしろい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

瞳「何よ...これ...」

私はその下を見た。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

しかし、悪になれる人間は少なく

恨み・憎しみを持ち生き続ける愚か者がいる。

私はその愚か者を助けるため働く。

この私に恨み・憎しみを持った人間の

写真があればその人間を不幸へとしてやろう。

だが、代償は... 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

だが、続きが無かった。

瞳「ン?続きは...?つか、このサイトおかしい...
  検索して沢山の検索数があると思ったら急に
  真っ暗になるし、変なことかいてあるし...」

私はある事に気付いた。

瞳「あれ...?そういえば条件が無きゃアクセス出来ないんだよね...
  どうして出来たの...?」

と、思っていたらチャイムが鳴った。私は急いでページを消し、
教室へと全力疾走で戻った。


5 :黒蝶 :2008/02/18(月) 21:02:36 ID:PmQHxGzc

教室

ぎりぎり間に合って先生にもばれなくすんだ。

亜理紗「もー瞳遅いよー!!何してたの?」

瞳「あ...ごめん。先生をずっと探してて...」

悪魔のサイトの事を言おうとしても、言えなかった。

瞳「条件ってなんだ...?私、悪い事した...?
  恨み・憎しみを持ってる相手なんていないのに...。」

結局授業には集中出来ずに時間だけが過ぎていった。

キーンコーンカーンコーン...授業の終わりの合図。

亜理紗「瞳どうしたの...?何かあった?」

瞳「亜理紗...」

私は泣いて亜理紗に慰めてもらった。その時に悪魔の通信の事も話した。

亜理紗「まじで...?条件って何?代償って何?」

瞳「分からない...どうしよー私呪われちゃうの??」

亜理紗「瞳!!大丈夫だって!!私がいるでしょ!?何かあったらすぐ言ってよ!!」

亜理紗の優しさに私はますます涙が出てきた。

泣き止んでる時に亜理紗が急に言い出した。

亜理紗「ねー...もう1回アクセスして見ない??」

私はその言葉に唖然とした。

瞳「なんで?怖いんだよ!?」

亜理紗「だって本当に見てみたいし...もう1回情報処理室に行こう?」

たしかに一番信用していなかったのは亜理紗だった。だけど...

でも結局亜理紗のお願いには断れずもう1回情報処理室に行った。

ガラガラガラ...情報処理室の前に着いた。

亜理紗「瞳、大丈夫だよ。私が一緒にいるじゃん」

瞳「そうだね...ありがと」

入ってもサイトを開いたような感覚はしなかった。

亜理紗「もう一回アクセスしてみよ。」

瞳「うん...えっと...あ・く...まの...通信っと」

カチッ!!

しかしエラーになった。

瞳「あ...あれ...?」

亜理紗「ん?エラー?なんで?」

瞳「おかしいなー...もう1回...」

カチカチカチカチカチカチカチカチカチ...何回やっても無駄だった。

瞳「どーして!?アクセスできないの...?」

亜理紗「ねー...条件って言ったよね...?瞳1人の時はアクセス出来たけど
    私が居たときにはアクセスできなかったって事は...」

亜理紗の顔色が変わった。

瞳「そんな事無いよ。きっとこのパソコンがおかしいんだって。」

亜理紗「だってさ...もし私が誰かを怨んでアクセスしようとしても無理って事だよ?
    誰か条件があってアクセス出来た人は私を不幸に出来るって事でしょ...
    結果的に私は誰かを不幸には出来ないのよ...私は誰かに不幸にされるのよ...」

瞳「何言ってるの!?誰も亜理紗を不幸にする人なんていないよ!!
  アクセス出来なかったからってなんで落ち込むの...?誰かを不幸にしようと
  なんて思ってないでしょ...?ねぇ...亜理紗...??」

亜理紗「ごめん...私、怨んでいる人がいるの...」

瞳「え...??」

その言葉に唖然とするしかなかった。


6 :黒蝶 :2008/02/18(月) 21:14:48 ID:PmQHxGzc

愚か者

瞳「ど...どうゆうこと...ねぇ...亜理紗...??」

亜理紗「分かるでしょ?3組の橘久美子...あいつよ。」

橘久美子、成績優秀で運動神経もいいときいた事がある。

瞳「なんで...理由は??」

亜理紗「私...遠藤君が好きだったの...だけど...結局は、
    無理だった...。橘が好きだったのよ...
    私のほうがずっと一緒に居たのに...同じ部活でがんばって
    きたのに...なんで橘なのよ!!」

瞳「亜理紗...」

亜里沙は人が変わったように私に言ってきた。

亜理紗「たしか、瞳ならアクセス出来たんだよね...?瞳なら出来るよね??」

私は亜理紗の言葉におどろいた。

瞳「私に橘を不幸にさせろ...って言うの...??」

亜理紗「そうよ。出来るでしょ?出来るよね!?私は瞳を助けてきた。
    だったら私を助けられるでしょ!?」

瞳「たしかに亜里沙は私を助けてくれた。入学式の時に1人だった私に
  声を掛けてくれた。嬉しかった。だけど...この悪魔の通信にやれば、
  人が死んでしまうんだよ!?」

亜理紗「人の好きだった男をとられたその気持ちが分かる?
    だから私は橘が死んでくれる事が一番の望みよ!!」

瞳「私は出来ない。亜里沙には見損なった。
  じゃあ、橘が死んだからって遠藤君は亜理紗に絶対に振り向いてくれるの??
  遠藤君は橘が死んですごく悲しむんじゃないの??そうでしょ??」

亜里沙はそこからなにもいえなくなった。


7 :黒蝶 :2008/02/18(月) 21:43:45 ID:PmQHxGzc

悪魔の通信

瞳「亜理紗...」

私は亜理紗を慰めようと肩に手をおこうとした瞬間、

亜理紗「だったら力づくでもあんたを使って橘を地獄に落としてやるわよ。」

瞳「え...?」

私は亜理紗に飛ばされ壁に背中を打った。

亜理紗「早くアクセスしろよ。早く。」

私はがたがた震え、泣きそうになった。

亜理紗「早くやれよ。橘の前にあんたをぼこって殺すよ??」

その言葉におびえ私は悪魔の通信につないだ。
悪魔の通信にはつながった。

亜理紗「写真貼ったから早く、橘久美子ってうってよ?」

瞳「で...出来ないよ...。」

亜理紗「まだわかんないの?まじで殺すよ??」

腹に思いっきりうたれた。

瞳「う...うっ...」

亜理紗「早くうてよ」

私の髪を引っ張りパソコンを前に無理に手をおかれた。

結局は私の手を強引に使い、一文字ずつうちこまれた。

カチカチカチ...橘...久美...。

私は力ずくで止めた。

瞳「や...やめて...お願い...」

亜理紗「あーうぜー。早くうてよ。」

亜理紗も力ずくで私の手を強引に使ってうった。

  名前:橘 久美子

亜理紗「お疲れ様ー。あんたはもう用無し。いろいろとありがとー。
    これで代償を払うのはあんただし。私に被害はない。」

こんな奴だとは思ってなかった。

亜理紗「よーし完了☆」

と言ったとたん悪魔のサイトが違うページにとんだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  このたびはアクセスアリガトうございます。

不幸にしたい人:亜理紗

写真:xx_xx.syasin.

代償人:瞳様

ご利用ありがとうございました。

のちほど瞳様には代償を払ってもらいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

亜理紗「ど...どうゆうこと...?なんで私なのよ...?」

私はある事に気付いた。

瞳「たしか、あんたはアクセス出来なかったよね?だけど私の時にはできた。
  それは恨みがない人はアクセスが可能だったのよ。」

亜理紗「はぁ??なにそれ、だったらこのサイト意味ないじゃん。」

瞳「トップページ見たでしょ?恨みは悪に変わり...って、
  つまり恨みのあるものは誰かを犠牲にしてこうするって言う
  意味なのよ。だから私がアクセス出来たのは亜理紗が私を犠牲に
  してでもこうなるっていう事になるのが分かっていたのよ。
  だけど、結局地獄に落ちるのは亜理紗だった。それは...。」

それだけが分からなかった。

亜理紗「何よそれ...結局、地獄に落ちるのは橘じゃなくて私だったの...??」

急に画面が変わった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

瞳様、代償は.........です。

亜理紗様、さようなら。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

亜理紗「代償は...?」

急に目が変わり私だけが見れるようになった。

瞳「代償はそれでもいいわ...亜理紗さようなら」

瞳が亜理紗に刺した。

亜理紗「ひ...とみ...な...んで...」

瞳「うふふふふ、悪魔の通信でアクセスされるものを殺す役目だから。

そう、私の代償は  瞳様、代償は悪魔の通信でアクセスされるものを殺す役目です。

と書かれていたから。私はそれを了知したうえで契約完了にした。

瞳「ばいばい、亜理紗」

私は心臓を取り出し、その場を去っていった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━数日後...

「ねーねー、知ってる?悪魔の通信。」

「1人の女の子がやられたらしいよ。」

「しかもその友達が悪魔の通信の殺し屋だったらしいよ。」

「自作自演かよ。」

私は今でも契約完了をされたものを殺していってる。

たえることなく...

あなたも悪魔の通信にアクセスしてみたらどうですか?


8 :黒蝶 :2008/02/18(月) 21:44:46 ID:PmQHxGzc

あとがき


どうでしたか??

感想を出来たらよろしくお願いします。

では、作った時にはまた見てね⌒☆

            by 黒蝶


9 :さくら :2009/02/14(土) 22:17:02 ID:ncPik3xF

おの女が憎い!!

呪い殺してやりたい!!


10 :さくら :2009/02/14(土) 22:18:16 ID:ncPik3xF

卑劣

orangejuice-100p.c.-@docomo.ne.jp


11 :さくら :2009/02/14(土) 22:20:04 ID:ncPik3xF

淫乱手紙募集!私女です!

〒024-0022  北上市黒沢尻3-7-7アリス北上201

馬場


12 :さくら :2009/03/05(木) 02:03:51 ID:ncPik3xF

orangejuice-100p.c.-@docomo.ne.jp 

〒024-0022 北上市黒沢尻3-7-7アリス北上201 

09043176317 

馬場圭子


13 : :2009/12/24(木) 17:08:24 ID:n3oJtkQkQA

恨み

誓哉・友梨大嫌い。

恨んでやる。







覚悟してろよ。


14 :モッチー :2010/09/19(日) 23:01:08 ID:kcterGu4xH

なにコレ

http://decojiro.net/page/4457/


15 :かみさんの浮気相手 :2011/09/16(金) 18:47:28 ID:mcLmYJPnx7

死ねばいい

09066919579


16 :ヒデ :2011/12/12(月) 00:13:28 ID:onQHYJo4Lc

裏切りものは死ね!

松0298本47英4658生


17 :匿名 :2012/03/01(木) 16:53:07 ID:uGknWGzAY3

おい厚美義人!お前だけは許さねえぞ!ゴラァ!


18 :匿名 :2012/03/01(木) 16:57:56 ID:uGknWGzAY3

厚美義仁、そいつはオレが最も敵視している者だ。年齢はおそらく現在60代位だ。とある県の地方在住だ。

俺は少年時代にはよくいじめに合っていた。そのいじめた者も気にくわねえが、そのいじめっ子以上に敵視している。


19 :匿名 :2012/03/01(木) 17:41:58 ID:uGknWGzAY3

↑&↑×2
削除願い


20 :A,Nさんの代理 :2012/03/20(火) 10:47:24 ID:zcQHmcYFrL

 私は千葉市に住む主婦です。少しの間結婚してたのですが,主人が離婚を要求してきましたが拒否したところ、10日位たって蒸発してしまいました。よって今日まで実家にて生活しております。
 実家は父が平成9年に亡くなり私が実家に戻って14年間優しい母と二人の兄、そして可愛い猫と楽しく暮しておりましたが突然の不幸に見舞われました。
それは、平成18年9月19日火曜日に母と兄が殺害されたのです。二人の兄の預貯金は5千万円、生活保険が3千万円づつ、平成10年に土地を購入しそれが4千万円で合計約1億5千万円が目当てです。犯人達は母と二人の兄を殺害した後、私を精神病院に入院させる手筈だったようです。精神科に入院させれば私の話の信憑性が無くなるからです。しかしながら、現在母や兄と同居しています。信じられないでしょうが母兄の二人は、顔つきや体つきそっくりの偽者です。それで私は本当の母兄が殺害されて二日後、強制的に精神病院へ入院したのです。最初は一ヶ月で退院しましたが、二回目三回目と約八ヶ月間入院させられました。その間に千葉県警・中央署・南署へ行き母と兄の殺害事実を訴えました。
中央署では本人と偽者の相違点を提示し捜査を、願い出ましたが「気のせいだ」とか「お母さんと二人のお兄さんは殺されていないんだ」と取り合ってくれませんでした。南署でも中央署と同じ対応でした。私が母と兄は殺害され今同居している二人は母兄になりすました偽者で、科学的鑑定を(DNA・歯型・筆跡鑑定)行えば証明出来るのに捜査してくれません。本当の家族の写真と偽者の写真を提示しようにもそれすら真剣に取り合ってくれません、しかも「偽のお母さんと二人のお兄さんで良いんじゃないの、だから捜査はしないよ」と言われました。という訳でこのサイトに投稿し私の思いを訴えたいのです。
 私が偽者と断定する一つ目の確証は母は66歳頃から食べる時は入れ歯でしたが現在同居の母は入れ歯はしてません。人間顔つき体つきがそっくりでも身体的特徴は明らかに違います。二つ目はこれも母の事ですが52歳頃から腰を悪くして常にコルセットを着用してましたが、偽者は着用してません。三つ目は次兄は高校では吹奏楽部でした。そんな経歴の次兄が楽器を弾けないと言うのです。文化会館でも演奏した経験のある兄が演奏できないなんて絶対ありえません。他にも違いが明確な証拠はありますが主だった三つにしときます。
 私の本当の母と兄たちは残虐・残忍な手段で殺害され地中深く埋められたようです。
そう,私は犯人達を知っています。彼らの殺害の動機は冒頭に述べた預貯金や土地が目当てです。兄が土地を購入した頃から計画がねられ、犯人グループが盗聴器を取付け、犯行に及んだのです。同時期には可愛がっていた猫5匹も惨殺されました。詳しくは書きません。実は犯人達の名前や顔を知っています。近所に住む夫婦や隣の住人です。
 私の家族の事件は隠蔽され表沙汰になっていないのです。犯人達は我が家以外に5件くらい同様の犯行を行ってるようです。
 私は目が悪く視力0.03です。人の顔が見えません舐めるように見てようやく7割位の視認です。それと現在も盗聴器など仕掛けられていて安心して会話が出来ない現状です。
 殺害された母や兄たちはとても優しく、とても幸せでした。今は散々嫌がらせをされ近々引越しをしなければいけません。猫が大好きで生甲斐でもありますが事件当時飼っていた猫も惨殺された後、犯人達がそっくりなダミー猫を連れてきたのですが、今は3匹だけ生き残っています。その猫達に対して偽者の兄は虐待をしています。引越しすれば猫の世話が出来なくなり止む無く手放さなければなりません。偽の母・兄を追い出して猫達とずっと暮したかったのですが事件の解明が出来ないので仕方なく一人アパートに引っ越します。偽の母・兄とは絶縁します、何の血の繋がりもないのです。私に嫌がらせばかりでした。
 優しい母優しい良一兄さん信夫兄さんと暮したい。無理矢理でっち上げで精神病患者にしないでください。仕立てた偽者の母と兄、あなたたちをDNA鑑定や筆跡鑑定など公正公平に行われ証言は真実を語る人間によってのみ、裁かれることを望みます。


21 :鬱一 :2012/04/22(日) 13:44:48 ID:P7PioioFsJ

死ねばいいのに。

せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるせきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。せきやはるお死ね。


22 :匿名 :2012/05/13(日) 15:22:15 ID:uGknWGxDkL

和歌山県在住の 渥美義人 厚美義人 渥美義仁 厚美義仁 渥美良仁 厚美良仁 あつみよしひと オレはこいつに対してとんでもない恨みを持っている。


23 :匿名 :2012/05/13(日) 15:24:33 ID:uGknWGxDkL


渥美義人、現年齢60歳前後。仏教大学出身。
見た目はスキンヘッド。噂によるとオカマ(いわゆるゲイ)。


24 :匿名 :2012/05/13(日) 15:26:02 ID:uGknWGxDkL

↑×2
上記の名前のうちどの漢字が正しいかは定かではない。思い出したくも無いからだ。


25 :匿名 :2012/05/13(日) 15:31:25 ID:uGknWGxDkL


当時思春期だった頃、オレはこの糞親父にどれだけ心を傷つけられた事か!
しかもそいつは、オレの親でもなければ身内でも何でもない!
そんな糞親父になぜオレはあんな事を言われなければならないんだ!!!


26 :匿名 :2012/05/13(日) 15:37:45 ID:uGknWGxDkL

↑しかもその糞親父、職業が教師のくせに、当時中学生であるオレに対してものすごく傷付く言葉を発した。こいつは教師失格だ。もはや人間失格だ。
オレはこの糞親父のあのえげつない言葉のおかげで自殺にまで追い込まれたほどだ。つまりこの糞親父は殺人鬼だ。精神的な殺人鬼だ!殺人教師だ!!!


27 :匿名 :2012/05/13(日) 15:39:57 ID:uGknWGxDkL

↑さすがに自殺なんて事は無かったものの、俺はあの言葉をきっかけに、3年近くは精神的に立ち直れなくなってしまったほどだ。


28 :匿名 :2012/05/13(日) 15:45:50 ID:uGknWGxDkL

↑つまりその3年間というのは、オレが高校に在学していた間の期間である。
つまり、その3年間おれは精神的に立ち直れず、友達も作れないまま恋人を作る機会も失い、部活にも力が入らず幽霊部員となってしまい、精神的に追い込まれた俺自身の印象が暗いせいか、アルバイトの面接にも落とされてばっかり。
子供の頃からずっと描いていた夢、オレが高校生になったらやりたかった部活動やアルバイト、そして女の子とのデート、コレ全部あの言葉のおかげで全部パーになってしまった。つまりあの糞親父は、オレの夢,希望,青春など、何もかもを滅茶苦茶にしたのです。


29 :削除願い :2012/05/13(日) 15:56:23 ID:uGknWGxDkL

管理人さんへ。↑上記7つの記事を全部削除願います。


30 :匿名 :2012/05/15(火) 12:53:29 ID:uGknWGxDkL

↑×2
しかも、その糞親父はオレの身内でもなければ担任の先生でも何でも無い。
ただ勝手に親が「知り合い」とか言って勝手に俺の前につれて来たんだ。

あの糞親父、何の接点も無いこのオレによくあんな事言えたもんだよな!!!おい!!
そもそも自分はホモみたいな顔してるくせによ!!!!!!


31 :ワイズ :2012/05/19(土) 15:12:48 ID:LDteQFYnQG

小倉  ひろき           村上  直樹             鈴木  あやこ           この三人は何もしてない相手を地獄に落としました   最悪な人たちです


32 :・・・・・・ :2012/05/25(金) 20:15:51 ID:uGknWGxDkL

↑↑アーーーーーーーーーーーッ!♂→♂


33 :匿名 :2012/05/30(水) 21:11:04 ID:uGknWGxDkL

↑×3
こんな感じ→http://www.gaydvd.jp/xc/shop/view/dvd/0/all/onsale/subsection,9


34 :匿名 :2012/10/17(水) 09:33:58 ID:sGsFVeunPG


これね→http://gay.jp/store/images/1/L/SSV/SSV644.jpg


35 :匿名 :2012/12/13(木) 13:48:49 ID:WcuDtnt3L3

鍵和田の投資

2012年には相場価格が大暴落すると言ってたNAVIC株式会社の鍵和田芳光代表取締役社長の相場予想は全くのウソ!!!!!!
ウソ ウソ ウソ ウソ ウソ
ほかの人には違うことを言ってたな!

賠償責任とってもらいたい!


36 :匿名 :2012/12/22(土) 13:55:29 ID:WcuDtnt3L3

鍵和田芳光に弁償してもらう

ナビコ株式会社の鍵和田芳光社長は個人投資家で全国にもファンが多い。
しかし、人によって投資の内容が違っている。
鍵和田芳光がすすめた株式投資y先物投資はズタズタになった!
多額な損害だ!
絶対に弁償させてやる!鍵和田芳光が弁償するまで怒りはおさまらない!


37 :匿名 :2012/12/25(火) 12:15:10 ID:WcuDtnt3L3

このままでは最悪の人生

鍵和田芳光から先物投資や株投資をすすめられ、大損した!
これからの人生、生活保護かいづれホームレスの流れかもしれない。

証券会社の関係者が儲かるから先物投資をしろとか株をやれとか言ったら、完全お客側の勝訴だが、鍵和田芳光は証券会社と関係ない人物だから、勝訴できない。

だから恨む、恨む、恨む!絶対ホームレスになっても恨む。死んでも恨む!
鍵和田芳光が賠償するまで。鍵和田芳光がこの高額の損失を賠償するまで!


38 :匿名 :2012/12/26(水) 16:51:41 ID:WcuDtnt3L3

鍵和田芳光を絶対許さん

鍵和田芳光は若い頃、自分の会社の布団業の品物の販売で西川という会社にダマされたそうだ。だから「自分もダマされたことがある」と主張!

こちらは布団と全く関係ない。鍵和田芳光に先物投資や株投資をすすめられ大損した!

鍵和田芳光に話ししたら「それは関係ない。僕のせいにするな」と主張!

鍵和田芳光は本人がダマされた経験があるから、鍵和田芳光は他人をダマしても平気な顔をしている。

絶対に許せん!絶対に許せん! 

高額な金額を賠償するまで、絶対に許さん!
高額な金額を賠償するまで、生まれ変わっても絶対に許さん。


39 :匿名 :2013/01/09(水) 19:27:47 ID:WcuDtnt3L3

鍵和田芳光、弁償しろ  

「先物取引をすすめたのはぼくだけど、損したのはぼくのせいにするな。ぼくだって西川の布団の会社にダマされたことがあるんだ」と鍵和田芳光は言ったが、自分がダマされたからって、他人を先物取引に陥れて大損しても知らん顔をする鍵和田芳光は卑怯者だ!

絶対に鍵和田芳光は許さん!
こちらが死んでも鍵和田芳光の家系を呪い、損失分と精神的苦しみを必ず味わせてやる!


鍵和田芳光が5000万円賠償したら呪いはしない。


40 :匿名 :2013/01/17(木) 21:11:31 ID:ocsFW7VmWJ

NAVICOの鍵和田芳光、弁償しろ

鍵和田芳光、5000万円弁償しろ!

中国バブル崩壊で、株や金相場も暴落する鍵和田予想は真っ赤なウソだった!

鍵和田芳光、損失分の責任取れ!


41 :天使 :2013/01/19(土) 15:01:45 ID:VcrGmGrFx7

バカな相談員

荒川区東尾久2-8-4の尾久の家の天野は会社を私物化し、虐待を見て見ぬふりし
ている。災厄。


42 :天使 :2013/01/19(土) 15:02:16 ID:VcrGmGrFx7

バカな相談員

荒川区東尾久2-8-4の尾久の家の天野は会社を私物化し、虐待を見て見ぬふりし
ている。災厄。


43 :匿名 :2013/01/20(日) 18:19:27 ID:ocsFW7VmWJ

カネぱく野郎!

浜田秀夫。カネをぱくったまま逃げ切っている。

許せない!!


44 : :2013/01/22(火) 03:52:43 ID:sGsFVeYkPn



45 :uramiya :2013/01/27(日) 00:53:04 ID:kcter4nktc

担任死ね

3組みの、担任マジうざいけど、ガバみたいだし〜


46 :匿名 :2013/02/02(土) 18:38:08 ID:ocsFW7VmWJ

鍵和田芳光、弁償しろ  

足柄上郡の鍵和田芳光、投資でよくもだましたな!
弁償しろ! 

弁償するまで恨み続ける! 


47 :匿名 :2013/02/14(木) 19:56:22 ID:ocsFW7VmWJ

鍵和田芳光のウソ株

ナビコの収穫ドットコムとかいうサイト会社の社長の鍵和田芳光が、
中外鉱業の株は金相場と関連してこれからどんどん上がるから、
この株をたくさん買いなさいとすすめられ、当時150円くらいのこの株は現在30円ほど!

バカ鍵和田芳光! 

カネ返せ! 
鍵和田に先物をすすめられ損失させられ、株で損失させられ、
損失分弁償なければ、お前の言ったウソ全部ばらす!

儲かっている鍵和田ファンの人らは幸せだな


48 :匿名 :2013/02/18(月) 18:12:51 ID:ocsFW7VmWJ

投資地獄に突き落とした鍵和田芳光

いいこと教えてあげます。どんな社長でも、どんな経営者でも、自分の知り合いも、うちのおやじも投資はやっています。ウォーレン・バフェットもそうです。手持ちの資産の3分の1を必ず投資に当てています。株だとあまり儲けはないが、先物なら非常に少ない資金でかなり儲かります。これが賢いやり方です。
鍵和田芳光はこのように言い、リスクのある投資地獄に突き落としてきた。

お前が弁償するまで、お前の言ったことをとことんまで書いてやる!


49 :匿名 :2013/02/21(木) 15:05:21 ID:ocsFW7VmWJ

鍵和田芳光が素人に投資をすすめた  

鍵和田芳光は「先物取引は日本人が考えた投資法だから全然怖くない」と言った。


50 :匿名 :2013/02/22(金) 18:01:31 ID:ocsFW7VmWJ

先物取引をすすめた鍵和田芳光

鍵和田芳光は「先物取引だったら、相場が下がった時に空売りをすると儲かる」といって、先物取引をすすめた。


51 :匿名 :2013/02/25(月) 16:21:49 ID:ocsFW7VmWJ

足柄下の鍵和田芳光が言ったこと

「もし100万円の資産があったら、その3分1を株や先物などに投資するのが最も賢い方法で、それをしない人たちは貧乏とうさんです」と、鍵和田芳光はじわじわと投資を素人にすすめてきた。

結果は、クソの鍵和田芳光め!
徹底的におまえの言ったことを書きまくってやる!
それがイヤなら損失させたカネ弁償しろ!


52 :匿名 :2013/02/27(水) 15:48:14 ID:ocsFW7VmWJ

鍵和田芳光の投資で儲かった自慢話し

「2000年のはじめ金塊をたくさん買ったとき、あの重量感にぼくはすごい感動した!
これから金の値段は上がるから買うチャンスです!先物なら上がったときに空売りを仕掛けておけば、下がったらかなり儲かる。」鍵和田芳光はしつこく投資をすすめてきた。


53 :匿名 :2013/02/28(木) 17:06:11 ID:ocsFW7VmWJ

鍵和田芳光の儲かった自慢話し

「僕の友だちの女の子には、簡単にできる投資は金投資がいいとすすめたよ。もうだいぶたっているから、女の子達もかなり儲かっていますよ!」と、鍵和田芳光は友達が投資をやっているから、こちらにも投資をすすめてきた。


54 :匿名 :2013/03/04(月) 19:38:30 ID:ocsFW7VmWJ

鍵和田芳光の投資で儲かった自慢話し

「自己資産の1/3投資法はたいていの人はやっている。うちの父親はそのやり方で株で儲かって土地を購入した。だから投資はやったほうがいい」と、鍵和田芳光は素人に投資をすすめてきた。 


55 :匿名 :2013/03/09(土) 19:54:23 ID:ocsFW7VmWJ

鍵和田芳光の投資で儲かった自慢話し 

「日本バブル崩壊は僕だけが当てた!」
鍵和田芳光は自分のことを自慢そうに語った。


56 :名無し :2013/03/11(月) 17:34:33 ID:zcQHmHLkVG

あまりばらされるとよくないです。国外へ逃げましょう。


57 :匿名 :2013/03/14(木) 22:03:56 ID:ocsFW7VmWJ

鍵和田芳光の投資で儲かった自慢話し  

「金(ゴールド)の値段は1999年に260ドルくらいの値段だったでしょ。金の値段はそれ以上に下がりようがない。だからぼくはそこで大量に金に投資をして、すでに何年もたっているから、かなり儲かってますよ。」
鍵和田芳光はうれしそうに自信たっぷり表現で金投資を語った。


58 : :2013/03/19(火) 20:21:10 ID:LDteLGsHkL

kotarou800 絶対に許さない ぐちゃぐちゃに潰れた心臓返せ 怨嗟


59 :匿名 :2013/03/22(金) 14:47:03 ID:ocsFW7VmWJ

鍵和田芳光の投資で儲かった自慢話し

鍵和田芳光は、金相場と関係のある住友金属鉱山の株もこれから上昇するから、できる限り買ったほうがいいと、気安く投資をすすめてきた。


60 :名無し :2013/03/26(火) 11:19:15 ID:zcQHmHLktc

すみません

鍵和田社長、国外へ逃げましょうと言って、申し訳ありません。
社長のおっしゃるとおり、よけいなことしない、一喜一憂しない、普通にいたします。


61 :匿名 :2013/04/02(火) 18:29:15 ID:ocsFW7VmWJ

ご自慢の投資をすすめる鍵和田芳光

仲間のなげきかー

「金1g1000円くらいのとき、誰も金投資に見向きもしなくなってきて、
これから金相場が上昇するとみんなに言い続けたけど、多くの人は僕のことを信用しなかった。僕はここが金の安値のチャンスと思ってかなり買い込みました。見てくださいこんなに上がってますよ!先物取引なら手数料が安くて、売り、買いのやり方でかなり儲かります」と、鍵和田芳光は自分の金相場があたっていることを自慢して、他人に投資を気安くすすめてきた。


62 :匿名 :2013/04/03(水) 20:03:23 ID:ocsFW7VmWJ

先物取引の外務員よりすぐれた鍵和田芳光

「先物取引の外務員はみんな素人で、ウソばっかり言う。僕が売ろうとしても売らせてくれないこともあった。あいつらは経済を全くみていないし、最後にはお客の資金をめちゃくちゃにします。僕はそんなことは絶対にしない」と、鍵和田芳光は外務員より自分の方がすぐれていることを主張した。


63 :匿名 :2013/04/09(火) 20:41:35 ID:ocsFW7VmWJ

先物取引をすすめた鍵和田芳光

金の先物取引なら現物の金を買うよりたくさん買えるから、そうとう儲かる!と、鍵和田芳光は素人に先物取引を一生懸命にすすめた。


64 :匿名 :2013/04/16(火) 18:03:50 ID:ocsFW7VmWJ

不祥事の会社の株がかならず儲かる!とすすめた鍵和田芳光

不祥事の会社の株は儲かるとすすめた鍵和田芳光。
不祥事の会社の株は一時的に下がるから、買うチャンス、株をすぐに買え!とすすめた鍵和田芳光。買ってみたらどんどん急落してしまい、ボロ株になった!

鍵和田芳光、弁償しろ!責任とれ!


65 :匿名 :2013/04/24(水) 19:32:37 ID:ocsFW7VmWJ

やたら投資をすすめた鍵和田芳光

ウーレンバフェットは銀を買い続けて世界的な大富豪になった。
これからは金を買うと儲かります。先物なら手数料が安いから先物取引で買ったらすごく儲かる、と鍵和田芳光はやたら投資をすすめた。


66 :匿名 :2013/05/01(水) 19:16:53 ID:ocsFW7VmWJ

株を買え買えとすすめた鍵和田芳光

これから貴金属の値段が上がるから、貴金属に関係する会社の株を絶対買うといい!と鍵和田芳光はすすめた。
鍵和田芳光がしきりにすすめた貴金属に関係する中外鉱業の株は、現在クソ株になっている!鍵和田芳光、責任とれ!


67 :匿名 :2013/05/16(木) 19:27:46 ID:ocsFW7VmWJ

投資で儲かったら海外旅行にいく鍵和田芳光

アメリカのテロ事件の直後にアメリカに観光旅行に行ったらガラガラで、治安も良くて、いろんなところを観光できて楽しかった!その旅行費用も投資で儲かったお金です。
僕のいうように投資をすればいつだって旅行にいくお金くらいできますよ!と、鍵和田芳光は投資をするように仕向けてきた。


68 :匿名 :2013/05/29(水) 19:04:58 ID:ocsFW7VmWJ

物価高騰になるから先物で買うとかなり儲かると、鍵和田芳光

だんだん、これから経済のいろんな理由で物価が高騰するから、
先物で原油を買って、じーっと持っていれば相当儲かます!と、鍵和田芳光は言い、先物をさせられた。
それから、原油の値段はんどんどん下落した!
期限が来ても下落しっぱなしだった!

鍵和田芳光、弁償しろ!弁償しろ!おまえのせいで財産がなくなてきた!
責任とれキーソフトの鍵和田芳光!


69 :匿名 :2013/06/25(火) 23:50:33 ID:ocsFW7VmWJ

中国が台湾に戦争をしかけて金相場が大暴騰する

中国が台湾に戦争をしかけて金相場が大暴騰するから、長い目で先物の金を買って持っていればかなり儲かる!といって、鍵和田芳光は先物取引をやれと強くすすめられた。長い目で見ても戦争なんかナシ!
責任とれ!鍵和田芳光!


70 :匿名 :2013/07/04(木) 20:04:26 ID:ocsFW7VmWJ

鍵和田芳光はウソをついた!弁償しろ!
やっぱりあやしい団体とつるんでいたのか


71 :匿名 :2013/07/25(木) 20:43:46 ID:ocsFW7VmWJ

ウソつき鍵和田


これから株が大暴落するから株を持っている人はすぐに売ったほうがいい!その代わり中外鉱業という株がこれから上がるから買ったほうがいい!と鍵和田芳光は言った。
それで多くの人が鍵和田芳光の考えに従った。しかし、鍵和田が売ったほうがいいという株はそんなに下がらずに、中外鉱業の株は大暴落!
鍵和田芳光!弁償しろ!責任取れ! 


72 :匿名 :2013/08/07(水) 10:45:09 ID:uGknVntDkH

儲かった人にはそのままでいいでしょうが、損失させた人にはいち早く弁償すべきだと思います、鍵和田社長。
いろいろ書き込みされたらヤバいですよ。


73 :匿名 :2013/08/09(金) 18:50:28 ID:ocsFW7VmWJ

アメリカの金価格が、はじめて1500ドルになろうとするとき、鍵和田芳光は「そろそろ金価格が大暴落します。空売りをたくさん仕掛ければ、相当儲かる」と、すすめ、みんなは大損した!鍵和田芳光、弁償しろ!おまえだけは絶対許さん!バカ芳光!


74 :匿名 :2013/10/10(木) 18:45:27 ID:WcuDtnVmx7

鍵和田芳光によって投資地獄へと突き落とされた

思い出したくない過去には不幸の根源があるから。

鍵和田芳光芳光は執拗に先物や株をすすめた。
鍵和田芳光は「知り合いの女子大生も、親戚も、オヤジもすごく儲かっている。僕の言う事を聞かなかったある親戚は損している。僕のオヤジは億の利益を株で稼いだ!毎年、小田原税は僕の雑所得の申告がものすごい黒字だから驚いている!首相の秘書や、自民党の人たちと僕は知り合いだからー」どうのこうのなどと、鍵和田芳光は執拗に投資をすすめ、投資をやらされた。
損失がでたら「俺のせいにするな。投資をすることへの欲をかきすぎが悪い!鍵和田が投資をすすめたから損したと言うのは悪いことだ!」などと言って、鍵和田芳光は逃げた。ぜったいに許せん!芳光、弁償しろ!


75 :匿名とする :2013/12/04(水) 11:14:38 ID:zcQHmHLktc

鍵和田芳光先生の悪口を書き込むのはよくない。先生の経済予測のおかげでどれだけ多くの人が潤ったかご存じではないだろうか。少なくとも私ども政治団体は、先生の経済予測なくして充分な活動はできなかったと感じている。各々の不足たることはあれども、猶多怨嫉ならぬ言動は先生も気を悪くされることです。


76 :匿名 :2013/12/12(木) 18:49:40 ID:WcuDtnVmx7

鍵和田芳光は犯罪者だ!

儲かるからと言って、執拗に、先物、株、金投資をすすめてきた鍵和田芳光が犯罪者だ!
損失分、弁償しろ!

あんたら団体は、鍵和田芳光をかばっているのか!


77 :匿名 :2013/12/19(木) 11:35:54 ID:zcQHmHLktc

先生に向かって弁償とはなんだ!、ヴォケ!
先生の御指示で空売りから1年で数千万円、儲かっとるんじゃ、
お前はよく聞いとらんのかヴォケ!


78 :名無し :2014/07/04(金) 11:30:31 ID:zcQHmHLktc

絶対消えない

何あんた?????右翼??ぼー?


先物取引のリスクについて鍵和田芳光という人はきちんと説明していない。株の取引についてもきちんと説明していない。
おいしい話しばかりしていた。

だいたい素人の子たちに、先物だの株だので儲かる、投資したものをじっと持っていれば僕は何億円も儲かった。海外旅行もたくさんいけるし、家賃も、特許料も払えるんだ、アメリカにも旅行にいったし、グアムの高級リゾートにだって泊まれる、なんておいしいことをあれやこれや言えば、誰だって投資は簡単なんだなって思うわよ。

損した子が、鍵和田芳光という人にうったえたら、欲をかいて投資するからいけないと言われて、ものずごい腹が立った。

弁償しないと、恨みは絶対に消えないわね。


79 :匿名 :2014/09/01(月) 10:38:08 ID:sGsFVeu7Wk

この記事のやつ→http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14248/1381291655/


80 :匿名 :2014/09/08(月) 11:27:16 ID:ocsFkFQDki

物の気

以前このサイトに、NAVICO株式会社・鍵和田芳光代表取締役社長、金の先物取引に250万円投資して1億円の40倍にしたという記事が書かれていました。

http://www.shohintokuho.com/main/?p=9131


きっといろんな人に先物取引を吹き込んで、やらせた結果、恨まれたんでしょうか。
それに対抗して、勢力のある人間に、それらの人らを威嚇してるんでしょう。
お金があれば人間なんでもできますからー。

鍵和田社長が通信特許を使って、売り上げ拡大の記事。

http://www.kanaloco.jp/article/69603/cms_id/75148


81 :名無 :2014/10/03(金) 17:14:48 ID:uGknVnuemD

罰則

■金融証券取引法
平成23年5月、資本市場及び金融業の基盤強化のための金融商品取引法等の一部が改正された。
 

金融商品取引法の無登録業者に対する規制の新設・罰則の引上げ 

金融商品取引法の無登録業者による広告・勧誘行為を禁止(1年以下の懲役、100万円以下の罰金) 
の金融商品取引法の無登録業者に対する罰則の引上げ 

・ 3年以下の懲役、300万円以下の罰金 ⇒ 5年以下の懲役、500万円以下の罰金 


■暴力団と関係している企業の法的なリスク
反社会的勢力と関係していると、国や地方自治体等の公共契約から指名停止等により排除される。

暴力団排除条例違反者に対して、勧告、公表、命令が行われ、懲役又は罰金が科せられることがある。

取引先との契約書に、反社会的勢力排除条項が含まれている場合、反社会的勢力者と関係すると、契約解除や損害賠償請求等をされる。

暴力団排除条例違反等で会社に損害を与えた場合は、取締役は善管注意義務違反として、会社に発生した損害を賠償する責任を負う可能性がある。


82 :名無し :2014/11/11(火) 12:26:18 ID:PcWAVcrJrF

リスクを負わせて逃げた

鍵和田芳光は、相場に関して全くの素人たちに、相場は儲かるからと言い、先物取引を熱心にすすめた。また株式投資も熱心にすすめた。相手が損をしはじめたら、欲をかくほうが悪いと説明。人間的行為ではない鍵和田芳光は許せない。被害者たちは証券取引法に引っかからない鍵和田芳光を絶対に許せない。


83 :TOKUMEI :2014/11/21(金) 11:16:09 ID:o3teu3tmLD

貴殿のみなさん、先生の本当の相場の実力を見落とされたんですか。
見た目で判断できない先生の相場の実績はご存じないんですか?100カ国以上の海外の出張費、会社の運営資金、すべて相場の利益でまかなっているんですよ。それでも、先生を悪者扱いですか。
クレーム、ご相談、どんな御用件でも、お申し付けください。お近くの駅までお迎えにあがります。


84 :匿さん :2014/12/04(木) 16:51:24 ID:scVck7x7Wm

こちらはえらい迫力さんの人やね。
とにかく
投資について知識なしの素人に、株の投資、先物投資なんかすすめたらあかんな。相手が損したら、ただじゃすまへんで。一生イヤがらせされるか、訴えやるかやられるかの泥沼やー。へたすると殺るやらんの新聞沙汰や。

とんでもないこと起こらん前に、NAVICOの鍵和田芳光さんという社長さん、損害賠償せんと、どないなことおこるかわからへんな。


85 :名無し :2014/12/21(日) 18:42:20 ID:zcQHmHLktc



86 :名無し :2014/12/21(日) 19:04:24 ID:zcQHmHLktc

鍵和田芳光社長、損した人たちに一刻でも早く弁償しないと、ほんとうに知りませんよ。

儲かるいい方法をせっかく教えても、損したのは欲を書いて投資した連中が悪い!損したのはぼくのせいじゃない!なんて言って、弁償に応じないでいると、社長の仕事もめちゃめちゃになりかねませんよ。
先物取引、株式投資などは金銭的リスクをともなうこと、知ってますよね。先物なんかで損したら一文無しになる!と、社長が言ってたじゃないですか。投資を知らない人たちに、儲かるからと先物なんか持ちかけたのは社長本人でしょ。金の先物、中外鉱業の株、不祥事の会社の株を買えとかすすめたの覚えてますよね。中外鉱業の株は、社長がすすめたときの株価と比べると、五分の一くらいになっていますよ。
もし社長が金融取引業者だったら、法廷で間違いなく100%相手に弁償です。業者でないから言い逃れしていますが、知り合いに団体がいるから安心してもらっても、それは世の中からみたら政治団体ですけど、中身の人間は誰かって、みんな知っていますよ。かえってめちゃめちゃになるだけですよ。
こちらとしたら責任負えませんよ。


87 :名無し :2014/12/22(月) 12:45:39 ID:o3teuALHY7

まぎらわしいことを言う来訪者の仕業だね。
ふざけたことを言わないほうがいいのではないのかね 


88 :鍵和田社長を守る会員 :2014/12/23(火) 21:01:01 ID:PmQHucoFt4

鍵和田芳光社長を守る会

ナヴィコの鍵和田芳光社長を守る会
わたしたちからも申し上げます。


鍵和田芳光社長弁償しろ!鍵和田芳光社長弁償しろ!鍵和田芳光社長弁償しろ!

そんなことを言って何になる?
損させられたみたいなことを言って失礼かと思いませんか?

鍵和田社長の投資アドバイスで慶応大学の斉○教授は、すでに2億円超の利益があったんですよ。藤沢市長は1億円超の利益があったんですよ。しかも、それ以外のVIP級の人たちも鍵和田社長に計り知れない感謝をしてるんですよ。
これだけの効果を出された鍵和田社長に損させられたとは、何を言っているのか意味がわかりませんなあ。


89 :匿名正義 :2015/03/26(木) 12:38:51 ID:sGsFVeuJkD

上野山てるよし!お前、いい加減にしろ!

名前:上野山てるよし
住所:和歌山県和歌山市在住。
年齢:30代半ば

妻と2人の息子がいるにもかかわらず、街中で10〜20代の女の子を引っかけまくっては遊びまくっている。
しかもこいつ、自分の真相がバレない様、『アバン』『たろう』等、複数の名前を使い分け、妻や子供に内緒で女遊びをし、コンパをやりまくっている!


90 :匿名正義 :2015/03/26(木) 13:12:46 ID:sGsFVeuJkD

↑に追加

>89
しかも、ただ街中で女性をナンパしてるだけでなく街のお店のバーテンダーやカフェ店員の女の子まで誘惑したりしてるそうだな!

そのくせ、近所のおばさんや職場の上司には頭が上がらず愛想良く会釈したりしてるんだろが!


91 :匿名 :2015/03/26(木) 14:20:49 ID:sGsFVeuJkD

削除依頼

>89
>90
削除願います。


92 : :2015/03/26(木) 14:22:35 ID:sGsFVeuJkD

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.


93 : :2015/03/26(木) 14:23:35 ID:sGsFVeuJkD

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.


94 : :2015/03/26(木) 14:24:02 ID:sGsFVeuJkD

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.


95 : :2015/03/26(木) 14:27:23 ID:sGsFVeuJkD

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.


96 : :2015/03/26(木) 14:27:36 ID:sGsFVeuJkD

/

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.


97 : :2015/03/26(木) 14:27:58 ID:sGsFVeuJkD

/

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.
.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.


98 :匿名 :2015/03/26(木) 14:39:38 ID:sGsFVeuJkD

削除依頼

すみません。私はこのページを偶然見つけた時、「他人への恨みを暴露する掲示板」と誤解していました。

なので、
>17
>18

>22〜30

>89
>90
を削除願います。


99 :削除依頼 :2015/03/26(木) 14:46:46 ID:sGsFVeuJkD

削除依頼

>17
>18

>22〜30

>89
>90

削除依頼


100 :※削除依頼です。 :2015/03/28(土) 23:53:52 ID:sGsFVeuJkD

※削除依頼です。

すみません。私はこのページを偶然見つけた時、「他人への恨みを暴露する掲示板」と誤解していました。

私は全然仕事が決まらなくて、つい憂さ晴らしに、過去に自分の事をバカにしたり嫌味を言ったりした奴等の悪口をここに書いていました。

今後こういった事は二度としません。反省します。
なので、このページの
>17
>18
>22〜30
>89
>90
これらの項目を削除願います。

このサイトの管理人さんでも、そうじゃない方でも、もしこのページを編集する事ができる方がいれば、削除お願いします。


101 :怨念 :2015/09/18(金) 09:11:23 ID:tcz3WAWLu7

株式会社フィジオ
取締役坂本一弘を恨み尽くす


novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.