愛をください。


1 :椋炉 :2011/07/27(水) 15:07:44 ID:kcteskV3




愛を、ください。


2 :椋炉 :2011/07/27(水) 15:08:10 ID:kcteskV3rF

神様の行方


「神って」
「神様って」

少年と少女が同時に言った。
どうぞ、と少年は少女に言った。
それじゃあ、と少女は言って話し始めた。

「神様って、本当不公平だわ。」
「なんで?」
「だって、欲しい人にはくれないのに、
 いらない人にはわたすじゃない」
「何を?」
「そりゃ、いろいろよ。
 才能とか、人間関係とか、
 俗物的だけど、本当に何か、お金とか、物とか。」
「・・・そっか。」

しばらくの沈黙。
少女が、少年に、どうぞ、と促した。
わかった、と少年は言って語り始めた。

「僕は、神はとても公平だとおもうよ。」
「なぜ?」
「だって、欲しい人には渡さなくて、
 いらないひとにはくれるじゃないか。」
「・・・・」






「ほら、みんな等しく不幸だ。」


投稿フォーム

タイトル:(省略可)
名 前:
メール:(省略可)
PassWord:
内容:
内容確認をする) 

novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.