(感) 闇色の翅


システム

この掲示板は、小説広場の小説【闇色の翅】の感想専用です。


1 :夕咲 紅 :2010/05/15(土) 03:28:27 ID:n3oJYDmHzm(7413)

 四季条さん、こんばんわ。
 闇色の翅、読ませて頂きました。
 個人的に暗い話は好物です(オ
 グロテスクなものもそれほど抵抗はないので、四季条さんの新作だーと簡単に食いつきましたw

 さて。物語はまだ冒頭と言う事もあり、感想として特記する事はないのですが……
 父親を殺され復讐を誓った少女の物語――この軸にフェアリーの存在がどう絡んでくるのか楽しみです。

 何やら誤植っぽいものがちらほらと見受けられましたが、単純に気になった事が一つ。この世界での船はハイテクな物なんでしょうか?
 船員の数を考えればそれなりに大型の船であると思ったんですが、帆船だと船長一人じゃあ船を動かすなんて無理だろうし……
 フェアリーがいる世界なので魔法的な力でもあるのか、それともシャイアに船に関する知識がないだけなのか……後者の場合漂流する結果になりそうですが(苦笑

 次で明らかになる流れだったりしたのなら余計な質問になってしまいますが、一応書かせて頂きました。

 それでは、猫姫と共に続きも期待しております。
 乱文長文失礼致しました。


2 :蒼幻 [E-Mail] [HomePage] :2010/05/15(土) 09:53:10 ID:tcz3skkeVm(1487)

 四季条さん、おはようございます。
「闇色の翅」第一話(?)読ませていただきました。

 グロとか黒いもの怖いもの見たさで結構楽しんで見てしまいます。
 ダークファンタジーなんですね。コッペリアとか、アリ・プロジェクトの音楽なんかで知っていた用語なので、そんな雰囲気も手伝って、なかなかいい感じでした。
 これからずっと読ませていただきますね。また猫姫みたいな長編になるんでしょうか?

 私も夕咲さんと同じ印象を持ちました。はたして、一人だけで船を操舵できるのかなぁって(^-^;
 なにか仕掛けがあるんでしょうか? それとも舵さえとっていれば、船が自由に動かせるシステムなのかなぁ……。

 とにかく、今後の更新を楽しみにしています。
 ではでは。


3 :四季条 ユウ :2010/05/15(土) 16:09:17 ID:rcoJm4uisn(9072)

お二人とも、早速感想を頂、ありがとうございます。

さっそくですが、船の事は恥ずかしながらまったく何も考えていませんでした。
イメージ的には大型の帆船なのですね。
となると、船長もあの後さっさと殺されて、船は進むに任せて漂着したという事になりますね。
状況からするとそれが一番しっくりきそうです。
これからはもっとよく考えて書かねばなりません。
気をつけます。

世界観としては、ほんの少しだけ現代の混じったファンタジーというところでしょうか。

物語の方はいくらか書き溜めてあるので、ある程度は早めの更新が出来ると思います。
これからも読んで頂けると嬉しいです。


4 :夕咲 紅 :2010/05/16(日) 03:29:00 ID:n3oJYDmHzm(5592)

 本日もこんばんわ。ある程度は早めの更新……?
 いや、早すぎですよ?(苦笑

 さてさて。一文であっさり殺された事になった可哀そうな船長さんはともかくとしてw

 てっきり漂着した場所に他の娘達と混ざって保護(?)されるのだと思っていたシャイアさん。一人こっそりと離れ、窃盗まで平然とやってのける。
 回想などでもその性格を語っていますが、言動からもしっかりと人間性が伝わってきました。きっとまだまだ見せていない一面もあるんでしょうが、この深さがキャラクターと言うより、そこに一人の人間を見た気がします。

 フェアリー同士の対決。ニルヴァーナにもマスターがいるのかどうか考え所ですが、マスターの近くにいないといけないと言う制約を考えるなら現状ではいないんでしょうかね。どれくらい離れられるのかにもよるんでしょうが……
 他の姉妹フェアリーもいる様で、その数は不明ですが今後の展開も色々予想出来て楽しいです。白熱の戦闘シーンも期待しております。

 それでは、乱文失礼致しました。


5 :夕咲 紅 :2010/05/20(木) 02:39:46 ID:n3oJYDmHzm(5593)

 連続書き込み失礼します。
 四季条さん、こんばんわ。
 一話目が終わりましたね。復讐の第一歩目を済ませたシャイアさん。セバスの腕を切り落とした(落とさせた)時の表情を想像するにきっと冷たくうすら笑いを浮かべていたんでしょうね。いや、無表情だった可能性も……

 セリアリスの登場で、フェアリー達の今後の戦いも必至な感じがしてきました。
 ニルヴァーナのマスターなのかどうか……うーん、悩みますね。
 とりあえず姉妹の数は明かされた訳ですが、予想も絞ってみました。まあその辺は勝手に想像して勝手に楽しんでおきますw

 そしてアンナさん。意外とメインキャラな感じでの再登場ですが、復讐の旅には足手まといな雰囲気が……
 ここまでのシャイアさんの性格からすると何かあっても見捨てそうですよねー。
 はてさて、どうなる事やら。今後の展開が楽しみです。

 と言う訳で(?)、これから猫姫を読みますので、またあちらの感想室でw
 ではでは、乱文失礼致しました。


6 :四季条 ユウ :2010/05/20(木) 22:59:55 ID:rcoJm4uisn(7827)

 猫姫から続いて連続の書き込みをさせていただきます。
夕咲さん、いつも読んで頂きありがとうございます。
フェアリーたちの事は、次の話でかなり見えてくるかと思います。

ここまで暗くて残虐性のある主人公を描いた事はありませんでしたが、書くのがかなり楽しく筆が進みまくりです。
自分は結構危ない奴なのかもしれません^^;

残酷や残虐や恐怖といったものは、人の奥底にあるものを刺激しますよね。
暗い深淵の底に何が見えるのか、書き続けて答えを見つけたいと思います。


7 :らい :2010/06/09(水) 03:09:28 ID:onQHWnVcsF(8352)

こんばんは。猫姫が完結するまでは感想を控えようと勝手に思ってたんですが、すでにこちらのお話もかなり嵌まってしまったので書き込みさせてもらいました。

いやぁ〜、面白いですね。確かに猫姫に比べるとかなり残忍な内容ですが、自分自身ファンタジーは大好きなのですごく熱中してしまいます。

同時進行、大変でしょうが頑張ってくださいね。


8 :四季条 ユウ :2010/06/10(木) 22:53:22 ID:rcoJm4uisn(8595)

おぉ、ありがとうございます><
らいさんも読んでくれていたんですね。
本当に嬉しい事です。
猫姫の方も書いていますので、そろそろ書き込めるかと思います。

こちらの作品は猫姫のように長くはならないと思います。
ある時点でキャンプファイヤーのように一気に燃え上がり、その後は急速に炎が消えていくという感じにする予定です。

これからも読んで頂けると嬉しいです。


追加発言

名 前:
メール:(省略可)
ホームページ:(省略可)
内容:

1553 →イタズラ書き込み防止のため、4桁の数字を写してください→

pass= id=

novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.