ForTis


1 :岩田知 :2007/07/30(月) 11:18:00 ID:ocsFWnu7

 ごくん、と全く全然これっぽっちも味気の無い音を立てて僕の肩はあっさり抜けた。
「あ、ああァァァッッッ!!!」
 自分でも信じられない声が口から吐き出される。
 悲鳴なの絶叫なのか、雄叫びということはまず有り得まい。
 突如顔面に何かが飛び込んできた。
 ごぎゅん
 膝が顔面に捻じ込まれる際に発生した効果音であったらしい、鼻骨が圧し折れる音と同速度、秒速にして約1400mの衝撃が脳幹を貫通する。立ち位置としては左か
 顔面にめり込んだ膝を手探りで掴みそのまま抱えて振り回す、ふと抱えた腿が軽くなったと同時に臍の辺りに何かが突き刺さった。
 前蹴りだろう。
 それもローファーの爪先を使った豪華品だ。
 下腹部の内臓がパニックにより弛緩してしまったのか股間の辺りが暖かくなり 唾液腺から涎が大量に湧き出してくる。既に痛みすらない。
 眉間に膝が入ったおかげで前が見えない。
 抱えていた膝をひっくり返してアキレス腱を捻る。
 手応えはあったが直ぐ抜けられた。どうやら指に力が入ってないおかげであっさり外されたらしい。
 そういえば右肩、外れてるんだった。そりゃ力が入らなくて当たり前か。
 苦し紛れに踏み蹴りを打ち込む。足首を前から踏み割るケンカ用のやつだ。
 ざり
 ブーツの踵に何かが掠める。なんだ相手の脛か
 くそ、目の前がちかちかする。
 ある程度視界が回復して前を見据えるとやつは3mくらい後ずさっていた。
 冷静だな。
 腹ン中で悪態を吐く。悪態以外の何かも一緒に吐き出しそうだ。
 落ち着いて深呼吸、ひとつ、ふたつ、みっつ。
 鼻の中は鉄の臭いで充満している。前歯もぐらぐらして気持ち悪い。
 左手で自分の右の二の腕を掴んでみる。そのまま見様見真似で入れてみた。
 ごぐん
 右は何度か外したことがあるから案外あっさりはまったが当然ながら痛いものは痛い。大体自分ではめるのは初めてだ。
 ちゃんとはまっただろうか。
 指は動く。力は入らない。肘を曲げてみる、やはり力は入らない。多分1週間は使い物にならないな。

 痛いな。
イラつく。
 意識が鮮明になる。記憶ももどる。何をやられたか思い出した。
 多分あれは
 差し受けか。肘裏とか、腋とか脇腹とかを殴って突きを止めるあれか。恐らくあれの  変形だ。
 僕の右を左の差し受けで捌いた後、脇の下に拳をつっこんでそのまま肘裏で締め上げたんだろう。
 そのまま懐に入って僕の方を捻りあげたのか。
 なるほど。そしたら得心がゆく。
 それから僕の体を落として脇固めに移れば前のめりにできるはずだ。そこから膝だろう。
 くそ、うまいな。
 僕よりも数段は巧いじゃないか。
 眼がまだちかちかする。相手の姿は見えているはずなのにちかちかが邪魔して表情が 分からない。
 笑っているのか、
くそ、
嘲笑っていやがるか。

 殺してやる。
 眼ン玉に指ィ突っ込んで脳味噌掻き回してやる。
 地面に後頭眼一杯叩きつけて頭ン中撒き散らしてやる。
 腹ァ踏み潰して糞ひり出させて、そっから腹ン中蹴り潰してやる。
 
先ずすっ転がして思う存分ブン殴ってやる。
僕がやるべきことはそれからだ。
自分でも何を言いたいのか分からないような鳴き声を上げて、僕は前傾姿勢のまま踏み込んで行った。


novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.