水晶獅子


1 :彼方 :2006/08/09(水) 23:40:44 ID:PmQHz4V3



昔、誰かが言っていた。

人は本当の闇を手にした時、全てが視界から消えるんだ。





「ねぇ?」


僕の声に、隣にいた貴方は足を止めて答えてくれた。
貴方の左手を握っていた僕も必然的に立ち止まる。
優しい風がした。心がくすぐられるような、思わず笑みを浮かべてしまうような。


「僕は、眼を閉じているの?」


一瞬。貴方は静を感じてから、余韻を残すようにNOと言った。
にやりと僕は笑ってから、ズレた眼鏡を中指で押し上げた。


「見えないんだ」


何故かその言葉が笑えた。何故だろう、面白い。滑稽だ。
思わず声に出して笑ったら、貴方は怪訝そうな顔をした。
それぐらいのことは顔を見なくても判った。だって貴方だもの。


「何も見えない。光を手放したからかな?」


何時手放したのですか?、と貴方は問う。
ふと表情を変えると、少しだけ考えるような仕草をした。


「何時だろう。もしかしたら、僕は最初から光なんて持ってなかったりして」


あぁ、怒らないでよ。


「誰に助けを求めていいか判らない。誰に跪けば助かるのか、判らない」
「――……そうですね。では私に跪いて下さい」





『そしたら、貴方を日の当たる場所へ攫って行くことが出来る』


そう言って貴方は微笑んだ。つられて僕も笑った。
そして片足を地面について頭をさげた。
以前、貴方が僕の前でしたように。


「僕を連れ攫って行ってはくれませんか?」


二人分の笑い声だけが響いた。
また歩き出す。貴方の手を握って。












いつの日かに僕が出会った、

ある世界ある場所ある人の話。


novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.