幻想と空想


1 :雨宮 宙音 :2008/10/13(月) 19:51:37 ID:ommLunQi

詩の投稿をさせていただこうと思います。内容は多分バラバラです。
まだまだ未熟者ですがよろしくお願いします。
更新は遅めになるかもしれませんが、がんばります!!


17 :雨宮 宙音 :2008/12/30(火) 21:01:16 ID:ommLunQi

私は見た
崩れかけた家に住んで
朝から晩まで畑を耕し
川の水で体を洗い
生きている人々を

私は見た
歩いてゆく人々のわきで
寂れた銀の皿を両手に
地面に頭をつけて
生きている人々を

私は考える
彼らは間違いなく現実に生きている
逃げる場所も持たず
見るべき場所は明日ではなく今日で
そんな彼らは深い眠りにつくのだろう
夢を見ることもなく

夢を見る私たちは
生きてなどいないのかもしれない
ただこの地に立ち
気づかぬ間に堕落し
もう私たちに残された場所は
誰かの夢の中


投稿フォーム

タイトル:(省略可)
名 前:
メール:(省略可)
PassWord:
内容:
内容確認をする) 

novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.