愛を形に・・・。 (実話)1/?


1 :田中 智大 :2009/09/19(土) 20:15:56 ID:rcoJtHs3

「恋を形に・・・。」 (実話)



それは、特別なものではない品祖な『恋』だったかもしれない
でも、最高に暑い『恋』だった・・・



「えっ今日からプール!? ラッキー!!」
と、夏休みが始まる前の夏。
親友、田中 亜美=アミスケ (女)が騒ぎ出した


そして、中学生に入って始めての夏をだらだらと過ごす俺
田中 智大=たなじい (男)
は、冷静に答えていた・・・


「あっちー!はよプール入りたいなァ♪」

『うん、でも俺全然泳げへんねんな (笑)』

そう、俺は @運動音痴@ ・・・・。
走りも遅い、全然泳げない、と最悪に近い男だった・・・

『プールに入るのは好きやねんけどなww』
などと、この日もだらだら過ごしていた。



そして、ついに夏休み突入!!
みんなが、盛り上がり祭り気分だ↑↑
でも、もう中学生
夏休みは、地獄だった・・・

俺は、姉の影響を受け『吹奏楽部』に入った
そして、中々上手くならない『トランペット』を必死に吹いていた

そして、練習開始と同時に『好きな人が出来た』

初日から、細かいことを先輩に指導され疲れていた・・・。
そんな日を何日も送ったある日


先輩達のコンクールの本番が会った
そして、その日は俺にとって大きな一歩だった

親友2で、同じ部活の 藤原 信一郎=しんちゃん
は、恋愛の話も気軽に話せる仲だった


そして、その日俺はしんちゃんに好きな人を打ち明けた



俺『なぁ、しんちゃん・・・俺先輩で好きになってしまった人が居るねん』

し「えっだれだれ?」

俺『誰にも言ったらあかんよ、実は・・・


2 :田中 智大 :2009/09/19(土) 20:20:47 ID:rcoJtHs3

ほんとは、弱くて・・・。




・・・・・・・・・・・・・・。

ここまで、本当のことを書いてたんですけど。

何か、この先書くのが怖くなってしまって・・・
どうしたらいいのか、分かりません。。。


novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.