風船美少年


1 :九谷遥 :2007/12/09(日) 22:49:07 ID:o3teVAsL

1話 恋が上手にできない君へ

「ごめん。もう君とは付き合えない…」


突然の告白。
しかも別れ。
最近冷たいから薄々は気付いてた。


「…そっか。…」


涙なんか、こんな奴に流さない。


彼は俯いたまま、何も言わない。
だから、言ってやった。


「サヨウナラ、私の初恋」


そう、初恋だったから。











風船美少年










あれから一週間。
彼は浮気していた女の子と付き合ったらしい。
と、いうよりあたしの親友。
ずっと隠してたみたい。

でも、あたしは落ち込んじゃいない。
もう、終わったんだから…

「彼氏欲しいな…」

今日は本屋に行って、彼氏をうまく作る本でも探すか。

開き直って、放課後を待った。



「美穂っ!!」

帰るつもりでいたら、親友の七海が走ってきた。

「何?」
「たーちゃん知らない??」

たーちゃん…あたしの元彼、隆史のことだ。

「隆史君?見てないけど」
「嘘っ!!今日は一緒に帰るって言ったのに…」

逃げたんだな。
隆史は人一倍逃げ足が速い。

「まぁ気にすることないよ」
「気にするよぅ〜」

と、いうより。
そんな事より、普通元カノに聞く?


「あたし寄るところあるから先に帰るね」
「う、うんっ!!明日!!」
「うん。明日」


こうして七海と別れた。



いらっしゃいませ。

店員のそんな声を聞いて本を探した。

探し出して数時間が経った頃、ふと目に入った古汚い本。
安売りになっていた。

なんだこれ。
と思いながら手にとる。
題名は「恋が上手にできない君へ」。
なんか臭い。
でも読んでみたい。
美穂は足をレジに向かわせた。





「風船にあなたの名前を書いて飛ばすだけ。」

読んだ。
そんなに厚い本ではなかったので、30分もあれば読めた。
というか、なんだよそれ。
インチキだ。
と思ったが、一応やってみることに。

田中 美穂

風船の色はピンクがいいと書いてあったのでピンクに。

「これで本当に彼氏ができるのか?」

嘘くさいが、やってみて本当に彼氏ができれだ儲けもの。
そっと、窓から放した。



彼氏ができるように願って…

今日はもう眠りについた。


6 :ofmaoogk@gmail.com :2013/04/17(水) 08:47:57 ID:z3rGtFkGkA

フェンディ バッグ

はじめまして。突然のコメント。失礼しました。 フェンディ バッグ http://www.fendiofficialstores.com/


投稿フォーム

タイトル:(省略可)
名 前:
メール:(省略可)
内容:
内容確認をする) 

novel plaza system
甘辛流小説家ギルドGAIA
produced by COLUN.